ということで、グラナダ第2話です。

とりあえず、行程から振り返ってみますか。

前回のセビージャ&コルドバの旅同様、今回も金曜発の夜行で向かいました。

旅の情緒倍増のため、新たに見つけた喜び。
それは、「お持ち帰り弁当」を買い込み、夜行の車内で食べる、です。
e0155786_84117.jpg

e0155786_843763.jpg


僕は誓って言いますが、別段「鉄キチ」ではないです。
しかし、某大手私鉄で車掌をしていた父の血を色濃く受け継いだ僕は、
ちょっと電車に乗ると興奮してしまうようです。
e0155786_874654.jpg


こんなサインも、やばいですよね。
e0155786_882420.jpg


今回は、最高クラスの寝台車を取りました。(安く買えばかなり安いんです。)
日本の豪華ホテルのような、寝台列車とは雲泥の差がありました。
部屋にシャワー&洗面台がついているだけで、部屋はやっぱり狭いです。
e0155786_8105545.jpg


スペインなので、列車の中にもバル。
e0155786_8115542.jpg

e0155786_8123521.jpg


そんなこんなで、土曜日の朝8時半にグラナダに到着しました。

5月なので、「30度のグラナダ」を想定していたのですが、
予想外に寒く、、、シエラ・ネバダ山脈には雪がまだいっぱいありました。
スキー場がごく最近までオープンしていたとのことです。
e0155786_8161122.jpg


到着後、ホテルに」チェックインした後、市中心部を散策します。

カテドラル。モスクの後に建設されました。
e0155786_8184426.jpg

e0155786_819166.jpg


イスラムの文化を色濃く残しているからか、カテドラルの周辺には、
香辛料を売る、出店が。
e0155786_8195719.jpg


カテドラルの横、「王室礼拝堂」には、スペイン史に燦然とその名を残す、
カトリック両王「イサベル1世」と「フェルナンド2世」(夫婦)の墓があります。
この二人、レコンキスタを成し遂げたり、コロンブスに資金援助したりなどで、
よく歴史に登場してきます。
e0155786_8231270.jpg


ということで、今日はここまで。
ちなみにこの後、土曜日の午後からアルハンブラ宮殿に行ってきました。
もう、昨日アップしたので、安心です。

次回は、世界遺産、「アルバイシン」地区、フラメンコ、などなどが登場すると思われます。
[PR]

by bonito_seco | 2009-05-14 08:26 | スペイン旅行記

<< グラナダ3    グラナダ - アルハンブラ宮殿 >>