3日ほど前に、スペインの運転免許証が届きました。
e0155786_5425135.jpg


これで、外国への移住にあたっての手続きはおそらく完了したことになります。
生活のベースをスペインにおいて、14ヶ月目の出来事です。

これで、運転免許を取得するのは4カ国目です。

思い返せば、労働/居住許可証(いわゆるVISA)を取得したのは9月。
実際に生活のベースをスペインに置いてから、VISA取得まで半年かかりました。

このVISA取得に当たっては、いろいろな思い出があります。
気付いたときには、VISAなしでの滞在可能期間を超えていて、
法的には不法滞在していたわけです。

運転免許証もしかり。
私は去年の3月にアメリカで国際免許を、さらに日本でも7月に国際免許を取得していたので、
2009年7月までは国際免許で大丈夫、と思い込んでいました。

ある日(最近)、調べ物をしていると、ふと重大な事実を発見しました。
「VISA取得者は、VISA発行日から半年以内に運転免許証を取得しないといけない」
という決まりがありました。

ということで、法的には、私が運転できる期限は3月までだったのです。
はい、2ヶ月間、無免許運転してたことになります。

そいでもって、急いで手続きをすすめました。
スペインで運転免許を取得するためにするべきことは、、、、
1.在スペイン日本大使館/領事館で、日本の免許証の翻訳証明を取得
2.指定病院にいって、診断書を運転免許に必要な健康診断書を取得
3.運転免許センターのようなところに行って、申請手続き。

ところが、これがなかなか簡単にすすまなくて(スペインでの手続き系はいつもそうですが)、

僕は、領事館や、インターネット上で得た情報により、何をするべきか、
何が必要か、すべて知っているわけです。
ところが、スペイン側で、これらのことを知らない。

指定病院に行きました。
「日本の免許をスペインの免許に変えるために、健康診断書が欲しいのですが」、、、
「ここは受け付けてないはよ。もっと大きいところに行ってちょうだい。」
「いや、ここでも大丈夫なはずなんです。」
「そんなこと、誰が言ってるの?ここでは無理よ。」
「いや、だって大使館でそういってるし、ここリストに載ってるし。」
「そんなことやったことないは。ここでは普通に運転免許のための診断書は出してるけど、
日本の免許がどうのこうのとかは知らないは。」
(いや、僕が欲しいのは、純粋に、その診断書そのものであって、日本がどうだとかは
あなたには関係ないんですよ。=心の声)
「いや、大丈夫なはずです。」
「そこまでいうなら、一応調べてみるは、、、(本を見て何か調べ物をする。)
あ、ふむふむ、大丈夫みたいね。」

ということで、ようやく健康診断書を取得しました。
診断には、日本の運転免許センターでの健康診断とほぼ同じような検査があります。
視力、聴力、反射神経、問診、、、などを経て、はれて健康診断書取得。

その後、日をあらためて、「運転免許センター」みたいなところで申請手続き。
無事終了。

4ヶ国目の運転免許証なのですが、国によって免許を出してくれる手続きがいろいろ違います。

オランダでは、何もしなくても、一度も当局に行くことなしに、免許が届きました。
アメリカでは、一応筆記試験と実技試験に合格しないと免許書は取れませんでした。
スペインは、このとおりです。

スペインでは、外国免許の書き換えに関しては、国ごとに対応が違うみたいで、
日本人は比較的、簡単に書き換えが出来るようです。
それもこれも、日本の運転免許証は、取得するまでにかなり高いレベルが要求されているからです。
一方で、簡単に免許を発行するような国(アメリカとか)からの免許の書き換えは、
実技試験がちゃんとあるとのことです。

さて、こうして、晴れてスペインの運転免許を取得したわけですが、
唯一困ったことは、スペインの運転免許は、日本のものと「交換」で発行される、ということです。
つまり、私の日本の運転免許は、私が、スペインでの勤めを終えて、転勤出国する日まで、
スペイン当局で預かられています。

かなり不安です。。。。
[PR]

by bonito_seco | 2009-05-21 06:05 | スペイン生活

<< トップレス・ビーチ    Quality of Life >>