ひえー! いっぱいいるじゃあないかあー!

e0155786_419358.jpg


週末という週末、しばらく外国で遊びほうけている間に、
バルセロナの海では、もうこのとおり、体中に日光を浴びようと大変たくさんの人が
ビーチに繰り出しておりました。

僕もね、そりゃ、負けてられませんぜってわけで、
かばんに、本やら、仕事道具やら、飲み物やら、ござやら、タオルやらをつめこんで
遅まきながら、今年初の、ビーチで日焼け大会でした。

今読んでる本、そしてビール。
e0155786_431199.jpg


友達から送ってもらった「Transit」。スペイン・ポルトガル特集の号。何度も読んでます。
そして、ヘミングウェイの「For whom the bell tolls」。
名作「誰がために鐘は鳴る」ですね。
恥ずかしながら今まで読んだことがなく、昨日買いました。
内戦時代のスペインが舞台ということで、ずっと読みたいと思ってました。


6月だしね、大丈夫だと思ってたんですよね。だから日焼け止め持って行かなかったんですよ。
今年初めてだし、すっかり忘れてたんですね。なめてましたね。南欧の強烈な日差しをね。
今、そこらじゅうがひりひりしてますよ。
Tシャツがね、おなかにふれてるんですね。
寝巻きがね、ふとももにふれてるんですね。
痛いんです。

てなわけで、最後に、アパートから取った本日の午後9時30分のバルセロナの西空です。
e0155786_4345213.jpg

[PR]

by bonito_seco | 2009-06-08 04:35 | バルセロナの話

<< 海の次の日    ナポリ - 表の姿 >>