我がバルセロナはカタルーニャ自治州の自治州都でもあります。

この自治州、かなり自立意識が強く、一部ではスペインからの独立を目論んでいる人もいます。
人口は730万人。公用語として「カタルーニャ語」=「カタラン」を話します。

はい、つまり、バルセロナの今の会社では、オフィス内ではみんなカタランを話します。
「スペイン語」ではありません。似てますが別の言語です。
もちろん、ほぼ全員がスペイン語とのバイリンガルなので、他の地域出身者と話す際は、
スペイン語を使います。
だから、バルセロナはスペイン語の語学留学には、全く適していません。

そんな前置きで。

このカタルーニャ州、「国」として考えてもいいくらいの規模、および「アイデンティティ」を
持っていますので、これから数回、カタルーニャ・スペシャルをお送りしようと思います。

カタルーニャは、ピレネー山脈、地中海、バルセロナのような世界的観光都市を持つ、
非常に恵まれた地域だと思うのです。
ところが、残念なことに、日本の方は、観光に来てもバルセロナしか見る暇がない人が多いが実情です。

次回から、そんなカタルーニャより、いくつかの素敵な町の様子をお届けします。

では、ご期待くださいまし。
(って、結局前置きで終わってしまった。。。)
[PR]

by bonito_seco | 2009-06-11 06:31 | スペイン旅行記

<< カタルーニャの旅 ジローナ    海の次の日 >>