7月に入りましたね。

ここバルセロナでは、すっかり連日気温30度を越し、もうこのかた久しく雨を見ていません。
そうすると、どことなしか、シャワーの水量が減るんですよね。
きっと水道局がコントロールしてるんだと思います。
だって雨、降らないんですもの。。。

雨がほとんど降らないバルセロナ。ところが、地中海のせいで湿気が高い。
確かに高い。日本ほどではないにしても、他のもっと気温が高い35度を超えるような
内陸(マドリッドなど)から来た人たちでも、いかに湿度が高くて不快かを訴えます。

そういえば、カリフォルニアに住んでいたときの、天然災害の話。
日本では、「地震、雷、火事、おやじ、そして台風」などが天然災害。
カリフォルニアでは「地震、山火事、地すべり」でした。

「乾燥」してることが、どんなに危険か。山火事は簡単におこせます。
山の中で、たばこの火を消さずに落としてしまったとするでしょ、
そうするとそれが瞬く間に広がって、山火事になります。

そんなこんなで、、、
Hay=英語のThere is、日本語の「~があります」
mucho=英語のvery、日本語の「とても」
calor=英語のhot、日本語の「暑い」
[PR]

by bonito_seco | 2009-07-02 07:12 | バルセロナの話

<< BÉSAME MUCHO    Yelmoでグラン・トリノ >>