遅ればせながら、メルセ祭のレポートです。

カタルーニャ州の各市町村では、この時期、フィエスタ・マヨール「Fiesta Major」(大祭り)と呼ばれる
町をあげての祭りが各地で行われます。

バルセロナ市のフィエスタ・マヨールはその守護聖人、「メルセの日」(9月24日)を
メインとして約1週間続きます。
e0155786_6181519.jpg


この時期、旧市街地を中心に地元市民や観光客が街に押し寄せます。
イベントが盛りだくさんで、老若男女、誰もが楽しむことができます。
e0155786_6184289.jpg


主要な広場に設置されるステージでのライブ音楽や各種屋台はもちろん、
e0155786_619175.jpg

カタルーニャ地方の伝統ダンス、「サルデーニャ」、
巨大人形のパレード、などなど。
e0155786_6192014.jpg

そして、最も有名で、独特なものが、カタルーニャの伝統行事、「Castellers」(人間の城)。
e0155786_621248.jpg


今回は、このCastellerasについて、書いてみます。

メイン行事(というか大会?)は、9月24日昼12時30分、サン・ジャウメ広場で開催されました。
バルセロナの各地域を代表するグループが技と高さを競い合います。

このCastellers、まるで日本のお祭りのように、各町毎にクラブがあり
(例えば「チーム・サグラダ・ファミリア」、「チーム・バルセロナ・カテドラル」など)、
いろいろな町のフェスタ・マヨールの大会に出場して競争をしているそうです。
「人間の城」には難易度によって点数があり、チームごとに、その点数を競いあいます。
e0155786_6214960.jpg


中でも、TV局の中継が入り、最も世の中の人の注目を集める、
バルセロナのフィエスタ・マヨールでの大会は、最高の舞台でしょう。

当代きってのよりすぐられた5チームがいよいよ入場行進。
決まってこの形。2段目に屈強な男性。3段目に女性、そして4段目には子供。
e0155786_6221239.jpg


不思議な催しものと言ったらそれまでなのですが、
実際に生で実物を見てみると、これが感動的なのです。
見物している観衆も傍観者でいるわけにはいきません。
e0155786_6223268.jpg


人間の塔が作られていくに従って緊張感が漂い、まるで、
観衆の視線や願いによって塔が安定し、皆が人間の塔に参加しているような気分になります。
e0155786_6225097.jpg


上部にばかり注目が集まりがちですが、「柱」になっている人の周囲には、
塔全体や補強のためにメンバーを支える集団がいます。
「力」「バランス」「勇気」。
e0155786_6231190.jpg


下部から順番に男性→女性→子供と続いていき、特にてっぺんの「casteller(塔の一段)」となり、
人の柱をよじ登っていくのは、メンバー中、もっとも体重の軽い、最年少の子供が努めます。
登りきってポーズを決めた後に、また柱を構成している人々の背中を滑り降りなければならず、
子供ながらに、難易度の高い技術と、そして勇気を示さなければなりません。
e0155786_627419.jpg


このCastellerがポーズを決めた後も気が抜けません。
塔を築き上げたメンバーの一段が「降りてくる」際のバランス維持が、また大変なのです。
全員が降り終わると、観衆はこらえていた息をつくことができ、拍手と歓声が響き渡ります。
成功に喜ぶメンバーの姿に、感動で涙が出そうになります。
e0155786_627306.jpg


まるで、個人の功績など存在せず、自分の安全は他者の手中にあり、
自身の手には他者の安全が託されていることを知っている
男たち、女たち、そして子どもたちに対して敬意を表する儀式のようです。

力と、そして物理的、精神的なバランスが共有された時に、人間の塔は築き上げられます。
美しいものは常に複数からなり、失敗や成功も決して孤独なものではない。
e0155786_628219.jpg


この不思議な伝統行事には、そんなカタルーニャ精神がつまっているのかもしれません。
[PR]

by bonito_seco | 2009-09-30 06:33 | バルセロナの話

<< セビリア-パーフェクト・ミスマ...    メルセ祭 >>