バルセロナの北部から、フランス国境までにいたる海岸は、
「Costa Brava」(直訳=「ごつごつした海岸」)と呼ばれる、景勝地です。
e0155786_6175267.jpg


この「コスタブラバ」、日本ではあまりなじみがないとは思いますが、
「夏=バカンス=海=南欧州」という単純図式が当てはまるヨーロッパ人の間では、
有数の観光地です。
特に、太陽の恩恵を受けてはいないものの、経済的に優位な状況にあるイギリス人とドイツ人が、
夏のバカンスに大挙して押し寄せます。

ですので、夏には、バルセロナからフランスにかけての海沿いの町は、
とにかくバカンス・ヨーロッパ人でいっぱいになります。

そんなコスタブラバの中でも、一番おすすめの場所は、「トッサ・デ・マール」という町です。
バルセロナの85キロ北に位置するこの町は、リゾート地として魅力いっぱいです。

まず気候。夏になっても地中海からそよ風が吹き、そんなに暑くなりません。

そして、ここだけが、コスタブラバの中で唯一、市壁に囲まれた旧市街地が当時(14世紀)のまま
保存されています。
e0155786_621398.jpg


広いビーチも魅力的で一日中のんびり出来ます。
e0155786_622728.jpg


旧市街をゆっくりと歩きます。一番高いところにある灯台まで散歩が出来ます。
e0155786_6223966.jpg

e0155786_623714.jpg

e0155786_6233252.jpg

e0155786_624643.jpg

e0155786_6242821.jpg


そこからは南の方にある入り江まで見わたせます。
岬の上から、エメラルド・グリーンの地中海、それに沿ってビーチ、新市街など
すべてがきれいに見えます。
灯台には、バルがありますので、そんな景色を見ながら、パタタ・ブラバとビールをいただきます。
e0155786_626765.jpg

e0155786_6262899.jpg


バルセロナからは車で1時間の日帰り観光地ですが、
やっぱり、こういう素晴らしいところに行くと、最低一泊したくなりますね。

ビーチで本を読んだり、泳いだり、旧市街のレストランで美味しい現地の料理を食べたりして、
夕方、地中海に面しているテラスでなんら生産性のないばか話をしたり。
e0155786_626539.jpg

e0155786_6271297.jpg


カタラン人の人たちと笑顔で、「オラ!ケ・タル?」と声をかけあったり。
今回は、まだ少し肌寒い4月に行ったので、まだビーチは閑散としてましたが、
夏の間は、むしろ「ハイ、ハワユー?」か「アロー、グーテンダーク」とかになるのか?
[PR]

by bonito_seco | 2010-05-13 06:28 | スペイン旅行記

   Delta del Ebro ... >>