バルセロナから地中海沿いに350km、車で走ること3時間強で、
スペイン第3の都市、バレンシアに到着です。

バレンシアというと、「オレンジ」および「パエリア発祥の地」として有名ですが、
首都マドリッドの「プラド美術館」やバルセロナの「ガウディ建築」のような、
観光名所的に決め手に欠いているため、地味な印象が否めません。

「地球の歩き方スペイン」では、
マドリッドは66ページ、バルセロナは60ページも割かれているのに、
バレンシアは5ページとその落差たるや寂しいことこの上ありません。

で、実際は、以外や以外、なかなか美しい街でした。
バルセロナのサン・ジョセップ市場をはるかに上回る規模と雰囲気を持つ「中央市場」、
その周囲にはバレンシアオレンジジュースの屋台や、パエリア3ユーロの「立ち食い」食堂などがあって雰囲気があります。

e0155786_811466.jpg

e0155786_872963.jpg


観光名所としてはカテドラル、世界遺産に登録されている「ラ・ロンハ」
(イスラム王宮後に建てられた「絹の交易所」)などもあります。
なにより街の雰囲気が良かったなあ。


e0155786_881058.jpg

e0155786_822851.jpg



パエリアを食べに入ったレストランでウエイトレスをしていた日本人の方と話していたのですが、
「バレンシアはだいたいみなさん半日で済ましちゃうんですよねえ」とどこか寂しそうでした。

そういう僕も、わずか3時間ほどの滞在でしたが、、、
とにかく、また来ます。
[PR]

by bonito_seco | 2008-12-06 15:36 | スペイン旅行記