クリスマス休暇を利用して、プラハに行ってきました。

初めての中欧、チェコの首都。通貨はコルナ(CZK)。

もとよりなまぐさな性格なので、今回行き先を決定したのは出発の2日前。
なんら下情報もないままの旅です。「地球の歩き方」に頼らない旅は久しぶりです。

宿も現地調達なので、到着後、まずは宿の確保から。
イタリアに住む友人と現地で合流し、そのままWebサイトで見てきた現地旅行代理店へ直行、宿探し。市中心部に近いアパートを借りることに決定。
1泊53ユーロ。ベッドルーム、湯船はもちろん、独立キッチン(写真)まであって、これだけの設備と広さでひとり1泊26.5ユーロなり。

e0155786_605086.jpg


急な仕事が入ったので、そのアパートでひと仕事終えてから、夜の街に繰り出します。

まずは、「旧市街広場」。なんたる美しさぞ。

e0155786_631144.jpg


気温は0度前後。温暖なバルセロナですっかり忘れかけていた「冬のヨーロッパ」を久しぶりに体感。やっぱり冬のヨーロッパの醍醐味は、「美しい広場」と「屋台」、
e0155786_6597.jpg


そして何と言っても「ホットワイン」だべさ。身体の芯から温まります。
e0155786_653894.jpg


プラハと言えば、(どうやら)、この広場と、そして、欧州随一の規模を誇る「プラハ城」。

e0155786_662734.jpg


Wikiによると、「かつてボヘミア国王や神聖ローマ皇帝の居城であり、現在はチェコ共和国の大統領府のある場所である。ボヘミア国王の宝冠はここで保管されている。プラハ城は世界でも最も大きい城の一つであり、、、」とあります。

あまりの美しさに、旧市街広場とプラハ城を何度も行ったり来たりし、写真をとりまくりました。

アパートに戻って、友人と明日の行動計画をあれやこれやと練って、
ワインを1瓶明けてから寝ます。
(↓お土産やさんで仕方なく買ったワインオープナー)

e0155786_620938.jpg


明日は、市内一周6時間のガイド付きウオーキングツアーに参加することに決定。

初日ほんの数時間で、すっかりプラハに魅了されてしまいました。(続く)
[PR]

by bonito_seco | 2008-12-27 05:20 | ヨーロッパ旅行記