というわけで、プラハ3日目。

昨日すっかりプラハを堪能し、今日はチェコの地方都市へちょっとしたエクスカーションです。
この日の夜の9時発の飛行機でバルセロナに戻ります。

行き先を決めるにあたり、ミーハーではまったくない僕の発言は、

「いやー、明日どこいくべさ。やっぱりさ、どっか遠出しとけばさ、「プラハ」じゃなく、「チェコ」に行ったって言えるっしょ。あ、温泉いいね。でも水着持って来てないしな。やっぱり世界遺産のチェスキーに行きたいよな。でも10時間だと飛行機に間に合わないな。あ、ここも世界遺産だな。なになに、クトナー・ホラ?6時間で行ける世界遺産だべさ。いや、でもチェスキーにはかなわないよな。いまいちぐっとくるもんがないな。てか世界遺産だしいいべか。」

ということで、夜便に乗ってバルセロナに戻らなければならない僕は、
何の情報もないまま「世界遺産」というだけでプラハから行って帰って6時間の「クトナー・ホラ」行きのバスツアーに申し込むことに決定。

一応、Wikiより抜粋解説。

「クトナー・ホラの町は銀鉱から発祥し、13世紀の間経済的に潤った。市の歴史転換点となったのは、1300年にボヘミア王ヴァーツラフ2世によって新たな王立銀鉱山に指定されたことだった。市はめまぐるしい早さで発展し、1419年にフス戦争が勃発した時には、代々のボヘミア王が好んだ邸宅を抱えていたことから、ボヘミアでプラハの次に重要な都市となっていた。1541年、資源に富んだ鉱山が絶望的に水浸しになった。皇帝フェルディナント1世に対しボヘミアの反乱が起きている最中であり、市は全ての特権を失った。黒死病に繰り返し苛まれ、三十年戦争の脅威でクトナー・ホラは廃墟と化した。1770年には大火に見舞われた。鉱山は18世紀終わりまで見捨てられていた。」

なにやら、悲しい歴史を持つ街でございます。

「地域にある最重要の建築物は、ゴシック様式で5つの本堂を持つ14世紀の聖バルボラ教会。セドレツには、有名なセドレツ納骨堂がある。」

ということで、バスツアーに参加。
e0155786_520434.jpg


最初に訪れた場所は、この「セドレツ納骨堂」。はい、教会の装飾がガイコツでできています。
いまいちわけがわかりませんです。
e0155786_5203734.jpg


そして町の入り口でバスを降ります。小さな町なので歩いて探索するに充分。
ヨーロッパの小さな町の小路は絵になりますよね。

e0155786_5211075.jpg

e0155786_5213128.jpg


そしてクライマックスは聖バルボラ教会。
この付近から見る町の景色もきれいなものです。
さすが世界遺産!

e0155786_521559.jpg

e0155786_52217100.jpg




バスツアーも終わり、プラハに帰ってきました。
最後にプラハの街を塔という塔にのぼって眺めます。

e0155786_5234086.jpg

e0155786_52445.jpg

e0155786_5242531.jpg



ずーっと、いたかったですよ。ここ。

プラハ(いや、チェコ)、良かったです。
次は新年にお会いしましょう!
(というかこのブログ、実は1月3日に書いてますが、、)
[PR]

by bonito_seco | 2008-12-29 04:53 | ヨーロッパ旅行記