昨日のサラゴサ続編です。

サラゴサは3回目ですが、過去2回は仕事だったので、
純粋にオフで行ったのは、今回が初めてでした。

金曜日の夜にサラゴサに到着し、「ディナーは何がいい?」と聞く友人に、
「バルめぐり」をリクエストしました。

彼らの間では、バルを何件もはしごすることを「Belmu」と呼んでいます。
通常、飲み物1杯とタパスもしくはピンチョを1皿か2皿頼んで、
バルからバルへと転々としていく、そんな行為をこう呼んでいます。

普段、バルセロナではまずやりません。
圧倒的にタパス/ピンチョのクオリティが違います。

おまけに、地元サラゴサ在住40年以上の、地元スペイン人に案内されれば、
間違いなく、おいしい店に連れて行ってもらえます。


ということで、そんなバルめぐりのスナップを。

こちらは、現在、サラゴサでも最も人気の店だそうです。

e0155786_674095.jpg

e0155786_685430.jpg
e0155786_691633.jpg


続いて、ここは、「ムール貝」と「イカリング」に特化したバル。
e0155786_6104590.jpg


ここは、「きのこ」ピンチョの専門バル。
e0155786_611448.jpg


メニューは「きのこ」ピンチョのみなので、フライパンの上で焼かれているのは、もちろんきのこです。
e0155786_613132.jpg


これが、その「きのこ」ピンチョ
e0155786_6134992.jpg


人気店の証は、床の汚れ方。スペインでは、床にゴミをすてます。
つまり、床が汚れていればいるほど、人気店だということになります。
e0155786_6151426.jpg


週末は中心地の旧市街は朝まで人であふれかえってます。
e0155786_6163939.jpg


スペイン人の友人と彼女(申し訳ないですが、彼らの家に泊めてもらいました)。
e0155786_6181057.jpg


その友人の姉夫婦が経営するバル。
e0155786_6185719.jpg


ここの名物料理は、「たらのトマト煮」です。
e0155786_6194841.jpg



ということで、友人にはすっかりお世話になってしまいました。


サラゴサの最も有名なモニュメントは、「ピラール教会」です。
エブロ川のふもとに建つ教会。天井には近郊の町出身のゴヤによる宗教画が多数描かれています。
e0155786_6232728.jpg

[PR]

by bonito_seco | 2010-04-13 06:25 | スペイン生活