4月23日は、カタルーニャの守護聖人、「サン・ジョルディ」の日。
カタルーニャ地方には、素敵な習慣があります。

男性は女性に赤いバラを贈り、
女性は男性に本を贈る。

日本で言うと、バレンタイン・デーみたいなものですね。

これがまた大々的に行われており、街の中心部、
「グラシア大通り」や「ランブラス・カタルーニャ」には、
本を売る店と、バラを売る露店がこの日だけ立ち並びます。

この雰囲気を楽しもうと、普段は街中には来ないバルセロナ人が集まってきます。
それはもう、クリスマス時期を上回る人出です。

職場でもらったバラを持って、夜遅くまで遊ぶ女性。
会社帰りに、奥さんのためにバラを買って帰る男性。だんなさんのために本を買って帰る女性。

そんな素敵な風景が街を飾ります。
e0155786_437439.jpg

e0155786_438197.jpg


いわれはというと、

1.そもそもサン・ジョルディって誰?

もともとトルコの王様に仕える騎士だったようです。
ある日、トルコの王様が「キリスト教徒を迫害したまえ」という命令をサン・ジョルディに下した際に、
「そんなことはできませんですがな」と拒みました。
あわれサン・ジョルディは、王様の命令に背いたため殺されてしまいました。
彼の命日が4月23日、この史実がゆえに、サン・ジョルディはキリスト教界の「聖人」になりました。


2.なぜバラの花なのか?

話は時代も場所もずいぶんかけ離れて、カタルーニャ地方にこんな伝説が残っています。

「昔々、カタルーニャと呼ばれる国がありました。

その国には、地を駆け、空を飛び、海を泳ぎ、一息で森や作物を焼き尽くすことのできる
獰猛な恐ろしいドラゴンがおり、住民たちは怪物の怒りを鎮める為に、
毎日1人ずつ生け贄を捧げておりました。

ある日、王様の娘が生け贄になる順番がまわってきました。大勢の人がお姫様のことを思い、
身代わりになることを申し出たのですが、王様はその申し出を受け入れません。
悲しみに心を引き裂かれそうになりながらも、可愛い娘に残酷な運命を全うさせる他なかったのです。

ところが、お姫様が餌食になろうとするその時、真っ白い駿馬に跨がり、
黄金に輝く甲冑をまとった1人の若い騎士が姿を現しました。
彼こそが、お姫様を救いにやって来た騎士サン・ジョルディだったのです。

サン・ジョルディとドラゴンは激しく戦います。ドラゴンの強さは圧倒的で、厳しい戦況が続きました。
しかし、善は常に勝利を収めるもので、サン・ジョルディの手にした槍がドラゴンの心臓を貫き、
見事お姫様を救い出すことができたのです。

溢れ出したドラゴンの血からは、見たこともないほど美しい薔薇が咲き、
サン・ジョルディは、その中でも最も美しい薔薇を手折り、永遠の愛のシンボルとして
お姫様に贈ったのです。
e0155786_4395058.gif


それ以来カタルーニャの人々は、毎年4月23日をサン・ジョルディの日とし、
愛する人たちに美と教養、愛と知性のシンボルとして、1本の薔薇と1冊の本を贈って
この日を祝っているのです。」


3.なぜ本なのか?

これが、まったく日本のバレンタイン・デーのチョコレート業界と同じく、
商魂たくましい、本屋さんが広めたのであります。つまり、、、

1923年に、カタルーニャ地方の本屋が、この4月23日が、
小説『ドン・キホーテ』の作者セルバンテスの命日(1616年)であり、
さらにシェイクスピアの誕生日(1564年)であって命日(1616年)でもあるという、
文学に非常に縁の深い日でもあることと結びつけて、プレゼント用に本を買うと赤いバラを添えて、
本を贈るという風習を広めた、とのこと。

昨日、バルセロナは、そんな特別な日でした。
[PR]

by bonito_seco | 2009-04-25 04:39 | スペイン生活

フィレンツェから電車で1時間の場所に、斜塔で有名なピサがあります。

今回の帰国便はピサ発ジローナ行きの飛行機だったので、
好むと好まざるとにかかわらず、ピサを通るわけです。

で、フィレンツェでたっぷり遊んだ後、飛行機出発の時間まで、
ほんの15分だけ、ピサの旧市街を観光しました。

ピサといえばもちろん斜塔。この斜塔をはじめ見どころは「ミラコリ広場」に集中しています。
e0155786_6544851.jpg


そのミラコリ広場は、数多くの観光客と、芝生で日光浴をする人達で、
平和な空気に満ち溢れています。手前の赤い屋根は「洗礼堂」。
奥に見えるのが斜塔。
e0155786_721561.jpg


大きなカテドラルもあります。
e0155786_732427.jpg


さて、斜塔の話。

ガリレオ・ガリレイが、「物体が自由落下するときの時間は落下する物体の質量には依存しない」
という法則を実証するために、ピサの斜塔の頂上から大小2種類の球を同時に落とし、
両者が同時に着地するのを見せた、という話はあまりに有名ですね。

でも、これは弟子による創作の説が強いらしいです。
ま、とりあえず、ガリレオ・ガリレイはピサ出身ではあります。

まあ、とにかく、そんな傾いてるはずないですよね。
京橋にある「グランシャトー」も、そんなに傾いてないですし。
「グランシャトーがおまっせ」といわれても。。。。

脱線しました。え、とにかく、本物は、そんなに傾いてない、に違いないですよ。
建物がそんなに傾いてるわけないじゃん。と、たかをくくっていましたところ、、、、

e0155786_763761.jpg


おや、うーん、かなり傾いてるのか?
土台を見てみましょう。
e0155786_7105787.jpg


土台からして、かなり傾いてるじゃないですか。。。

というわけで、その傾き具合にかなり満足し、ほんの数分ながめた後、このなんともかわいい
ピサ「ガリレオ・ガリレイ空港」から急いで飛び立ったのでありました。
e0155786_784383.jpg

[PR]

by bonito_seco | 2009-04-23 07:12 | ヨーロッパ旅行記

ということで、正真正銘、今日がフィレンツェの最終回。
特別に、この人に、1コラム捧げたいと思います。

世界で最も美しい裸体を持つ男。
世界で最も有名な裸体を持つ男。
世界で最もその裸体を衆人にさらけ出してきた男。
ミケランジェロ作、「ダビデ像」について。

1504年にミケランジェロの手によって完成制作された、5.17mのこの像は
世界中に数多くの等身大のレプリカが作られております。
日本でも、「美ヶ原高原美術館」にレプリカがあるそうな。

フィレンツェには、本物のほかに、2体の「公式コピー?」品があります。

コピー品から見てみましょう。

まずは、その名も「ミケランジェロ広場」にあるダビデ像(コピー)。
昨日も紹介しましたが、ここからは、テベレ川をはさんでフィレンツェの街が一望できる場所です。
e0155786_6214189.jpg


どの角度から見ても美しい裸体。
e0155786_6214955.jpg


ちょっとアップにしても、やっぱり美しい裸体。
e0155786_6215756.jpg


ここまで来ると、かなり恍惚です。

次に、本来本物が置かれていた場所。
完成後370年間本物がその場にいた「ヴェッキオ宮」前のダビデ像のコピー品。
e0155786_620953.jpg


やはり、どの角度から見ても美しい。
e0155786_6223350.jpg


ちょっと顔をアップにしてみましょう。
e0155786_623058.jpg


おや?さらにアップにしてみましょう。
e0155786_6234396.jpg


あ、目がハートだ。

これは実際ハートで、ちなみに本物はもっとハートです。
きっと、ダビデは、鏡を見て、自分の美しい裸体に惚れ惚れとしていたか、
もしくは、作者のミケランジェロのことが好きだったのか、どっちかに違いない。

で、これが、「アカデミア美術館」に設置されている本物です。
先の「ヴェッキオ宮」前から移設されて以来、ここで135年間、その美しい裸体をさらけ続けています。
e0155786_628640.jpg


あきらかに、これまでのコピー品とは、迫力というか、何というか、圧倒的に何かが違います。
これだけが、唯一、天才ミケランジェロが作った作品です。

ちなみに、この美術館は写真撮影禁止なので、この写真は存在していないことにしておいて下さい。

ということで、以上フィレンツェでした。
[PR]

by bonito_seco | 2009-04-22 06:30 | ヨーロッパ旅行記

このシリーズ、ひっぱりすぎなので、今日は最後まで書くぞお。
というわけでフィレンツェ編2、(できれば)最終回です。

昨日の夜にそぞろ歩いた街の美しさにすっかり舞い上がってしまっているとはいえ、
昨日の移動疲れと、夜遅くまですっかり活動してしまっていたのと、大酒のせいで、
少し遅めのスタートです。

朝ドゥオーモに向かう道中、そちらの方角から楽しげな花火の音が聞こえてきます。
広場に近づくにつれ、いやでもそれとわかる熱気が伝わってきます。
近づいたはいいものの、人ごみで近づけません。
見えた光景から類推するに、あきらかに、「復活祭」のお祝い行事が行われているようです。
e0155786_6281270.jpg


しばらくすると、こんな人や、
e0155786_6285415.jpg


こんな人達や、
e0155786_6311358.jpg


こんなものが前を通っていきました。
e0155786_6314884.jpg


あまりの喧騒に、ここはとりあえずは別の場所に移動すべし、ということで、
ヴェッキオ宮前の広場に来て、しばらく見とれ、
e0155786_6323978.jpg


ウッフィツイ美術館を堪能し、
e0155786_63311100.jpg


メディチ家の2大偉人、コジモと
e0155786_6344857.jpg


ロレンツオに挨拶し、
e0155786_6352660.jpg


午前中だというのに、近くのカフェでビールで作戦会議を開き、
e0155786_6362882.jpg


サンタ・クローチェ教会前の広場で、なぞの楽器を奏でるバンドと、
e0155786_6372350.jpg


普段よほど太陽の出ない国(イギリスに違いないぞ)から来た若い女性グループをながめました。
e0155786_640882.jpg


このサンタ・クローチェ教会、「パスクワ」のために閉まっており、入れませんでした。
これが最大の心残り。なぜならここには、「ミケランジェロ」「マキャベリ」「ロッシーニ」
「ガリレオ」などイタリアを代表する有名人の墓が一同に介しているとのこと。
e0155786_6425879.jpg


さて、その後、ミケランジェロ広場に登り、街を一望し、
e0155786_6434887.jpg


街に戻って、ドゥオーモのクーポラに登り(階段であがる。道中、内部を見下ろせるのであります。)
e0155786_6452411.jpg


ここからも街を一望し、、、
e0155786_646141.jpg


なんて写真ばかりでございますが、さらに続けますよー。

肝心のドゥオーモ。大きすぎます。正面ファザードの門のところだけでもこんな感じ。
e0155786_645453.jpg


頑張ってファザード全体。
e0155786_6465072.jpg


写真は観光名所ばかりでしたが、最後に、何気ない、通りの風景も、とても美しい。
e0155786_6474719.jpg


ということで、公式には(?)フィレンツェはここまでですよ。
明日は番外編です。

え?もういい加減にして欲しい?

ふふふふ。

「つ・づ・く」
[PR]

by bonito_seco | 2009-04-21 06:49 | ヨーロッパ旅行記

今日からフィレンツェ編でございます。

到着したのは、11日(土)の夜。
パスクワ(復活祭、イースター)前日。
夜のフィレンツェ旧市街に繰り出したところ、街は前夜祭(と呼ぶのか?)の騒ぎ。

目指すは、フィレンツェの象徴、「花の聖母教会ドゥオーモ」。
初めて見た、その瞬間に、その美しさ、大きさに、感動のあまり絶句しました。
白、ピンク、グリーンの大理石が幾何学模様に配置された美しいファサード。
e0155786_530271.jpg


1296年から172年間かけて建設されたこの大聖堂、その気になれば3万人収容できるそうです。
e0155786_5323268.jpg


この時期は、フィレンツェが銀行業を発展させ、「ヨーロッパ金融の首府」として名をはせていた頃。
経済繁栄を謳歌していたフィレンツェは、15世紀に街の大パトロン、メディチ家によって
ルネッサンスを開花させ、芸術の都へと昇華していくのであります。

かつてのフィレンツェ共和国政庁舎、「ヴェッキオ宮」
e0155786_5365957.jpg


アルノ川にかかるフィレンツェ最古の橋、「ヴェッキオ橋」
e0155786_5375867.jpg


夜のフィレンツェを軽く歩いた後、ドゥオーモ前に帰ってきたら、
なんだかドゥオーモ前広場で騒ぎが。。。パスクワ前夜祭(?)のミサのようです。
e0155786_5413958.jpg


正門前では火がたかれ、
e0155786_542172.jpg


司祭達が、ゆっくりとドゥオーモ内を、聖なる火を持ち、祭壇へすすみます。
e0155786_5423699.jpg


参拝者達は、司祭からろうそくに火をわけてもらい、参拝者同士で、また火を分け合います。
e0155786_542222.jpg


そして、前夜祭(?)のミサがおごそかに執り行われたのでありました。
e0155786_5445822.jpg


宿に戻る道中、お菓子屋さんには、イースターエッグチョコがショウ・ウィンドウを飾っています。
e0155786_5445169.jpg


今日の夕食は、宿近くにあった日本食レストランで、
こんなもの(焼うどん、、、麺はスパゲティです。)と
e0155786_5492712.jpg


こんなものを食べました。
e0155786_5494754.jpg


では、今日はこのへんで。

明日は、いよいよフィレンツェの街を、本格的に歩きます。
[PR]

by bonito_seco | 2009-04-20 05:49 | ヨーロッパ旅行記

ということでヴェネチア編、最終回です。

旅先で、その街を知るうえで欠かせない行為。
それは「高いところに登って街を俯瞰する」ということです。

ここヴェネチアでは、サン・マルコ広場の鐘楼(高さ96.8m)が最適です。
e0155786_5323032.jpg


ここからは、サン・マルコ寺院の異国趣味満点のクーポラや、
e0155786_5331556.jpg


広場から、ラグーナまでを一望できます。
e0155786_534590.jpg


今日は、午後にフィレンツエに移動の日。あまり時間がありません。
昼ごはんに行きがてら、街を散策します。

街の聖人サン・マルコの象徴、羽のはえたライオンは、どこかなさけなさそうな感じ。
「街の番人役も、なんだかもう疲れたよー」と訴えていました。
e0155786_537369.jpg


ヴェネチアはカーニバルで有名なところ。
カーニバルといえば、やっぱり仮面ですよ。か・め・ん、、、ひひひ。
e0155786_5384975.jpg


ゴンドラに別れを告げ、
e0155786_540976.jpg


ヴェネチア最後の行事、昼ごはん。
友達の友達の、そのまた友達のおすすめのリストランテ。
e0155786_5395791.jpg


こんなものや、
e0155786_5402288.jpg


こんなものを食べました。
e0155786_5404857.jpg


いよいよヴェネチア出発のときがやってきましたです。
16:43発のローマ行きの「ユーロスター」に乗って、フィレンツエへ向かいます。
e0155786_5422151.jpg

e0155786_5424997.jpg

e0155786_5431262.jpg


2時間半後。フィレンツエに到着した頃はすっかり夜。
4月11日(土)、復活祭の前夜祭の最中でした。

ということで、次号はいよいよフィレンツエ編です。
[PR]

by bonito_seco | 2009-04-19 05:46 | ヨーロッパ旅行記

ということで、ヴェネチアも第3話。

サンタ・ルチア駅で友人と合流し、駅前からカナル・グランデを各駅停車ですすむ
「ヴァポレット」(公共の乗り合い船)に乗って、ホテルのあるサン・マルコ広場に
1時間かけてゆっくり向かいます。

道中の運河沿いには、様々な美しい建物があります。
e0155786_5285212.jpg

e0155786_529227.jpg

e0155786_5294145.jpg


日が暮れたばかりのサン・マルコ広場前の運河は、こんな感じです。
e0155786_5302722.jpg


友人の友人のブログで得た情報により、選んだレストランで、
e0155786_531764.jpg


夕食には、こんなものを食べました。
e0155786_5321996.jpg

e0155786_5323760.jpg

料理名が思い出せません。。。
イタリアで食べるスパゲティは、とにかくおいしいです。
日本の炊飯と同じで、本場イタリアではパスタは命の食べ物。
水加減から、炊き加減まで、自然に、かつもっとも慎重に注意を払いながら、ゆでるのですね。
それは、どの街に行っても、どのレストランで食べても同じ。
必ず最高の加減のアルデンテでサーブされます。

レストランからホテルに向かう道中、本当におとぎの国かと見間違う美しい風景に、
悲しい習性から、いつものことながら、夜景写真を取りまくります。
e0155786_5345838.jpg

e0155786_5365366.jpg

e0155786_5371520.jpg

e0155786_5373630.jpg

e0155786_5375840.jpg

e0155786_5381957.jpg


とうことで、いつものごとく、写真ばかりのブログになりました。

次回はいよいよヴェネチア最終回。
高いところに登って、そんでもって、鉄道で移動しますよー。

こうご期待下さいまし。
[PR]

by bonito_seco | 2009-04-18 05:39 | ヨーロッパ旅行記

というわけで、ヴェネチア編2。

この街のおとぎの国っぷりは、サン・マルコ広場前に並ぶゴンドラの姿を見てもおわかりのとおり。
e0155786_550460.jpg


この旅は、セマナ・サンタ期間中なので、予想外の特別な行事や、
美術館や教会などの観光建物の不規則な営業時間に
終始混乱されることになるわけですが、、、

空港からの船でサン・マルコ広場に到着したのは午後1時。
しばらくまわりの風景の「意味」を理解することに30分ほど時間を過ごしてから、
気付いたら1時半。

サン・マルコ寺院には長蛇の列が出来ております。
入り口にある看板を見たら、今日は2時までと書いてあるではありませんか。
e0155786_5503257.jpg


そんなわけで、ホテルに寄らず、荷物を持ったままで、サン・マルコ寺院を観光。
サン・マルコ寺院は、寺院内の見学の他、博物館が併設してあり、テラスからは
サン・マルコ広場が一望できます。
e0155786_55114.jpg


その後、ホテルにチェックインし、次にドゥカーレ宮殿(広場内)を見学。
e0155786_5513975.jpg


サン・マルコ広場には時計塔があり、
e0155786_5515798.jpg

良く見ると、街の守護聖人・聖マルコの象徴のライオンや、ブロンズ像のムーア人が鐘を打ち
時を告げています。
e0155786_5522075.jpg


ここからは、イタリア在住の友人との合流地点の国鉄駅、「サンタ・ルチア駅」に向かう道中、
ヴェネチアの街を徒歩にて観光です。
とにかく、道が狭く、運河が縦横無尽に走っているがゆえに、なかなか現在地が把握できません。
迷子になること必須です。

リアルト橋は、グラン・カナルにかかる橋の中でもっとも有名。
e0155786_5524950.jpg
e0155786_5532048.jpg

この界隈は一日中人であふれています。
e0155786_5534711.jpg


この後、無事に駅にたどりつき、友人と合流し、珍道中後半がはじまります。
でも、今日はここまででございます。
[PR]

by bonito_seco | 2009-04-17 05:59 | ヨーロッパ旅行記

というわけで、ヴェネチア編その1.

世界的な観光地なので、すでに行かれた方も多いとは思いますが、
ここは、まず、恒例のバックグラウンド紹介ということで、いつものWikiからの要約です。

「ヴェネチアは、アドリア海の最深部、ヴェネツィア湾にできた潟「ラグーナ」の上に築かれた、
運河が縦横に走る水の都である。

e0155786_6201558.jpg


ヴェネツィア本島は大きな魚のような形をしており、本島全体が小さな島々から出来ている。
その真ん中を全長約3kmにおよぶ逆S字形の「カナル・グランデ(Canal Grande、大運河)」が
ヴェネツィアの北西から南東へ、市街を2つに分けながら湾曲して流れる。
150をこえる運河が177の島々を分け、運河には400におよぶ橋がかかる。

地上では、迷路のように狭くて曲がりくねった路地や通りに自動車は入れず、
橋も歩行者専用である。何世紀もの間市内の輸送をになったのは、
ゴンドラと呼ばれる手漕ぎボートであった。
今は水上バスやフェリーが市民や貨物を運んでいるが、ゴンドラも観光に利用されている。
ヴェネツィア本島内は自動車での移動は不可能であり、自転車の使用も禁止されている。

自動車が入れないために、また運河が発達していることもあり、主な交通機関は必然的に船になり、
水上路線バスの「ヴァポレット(vaporetto)」や水上タクシーが、
カナル・グランデおよびヴェネツィア湾内を縦横無尽に走っている。
また、運河に面した玄関を持つ建物も多い。なお、「ゴンドラ(gondola)」と呼ばれる
手漕ぎの舟が有名だが、現在では一部の渡し舟を除き観光用途で運航されている。」

ということで、勝手な僕の解釈を追記しておくと、
「貿易を礎に強大な都市国家を築き、16世紀に落ち目になって以降、
近代都市としての発展ができないまま、現在は観光業で持って支えられている、
いわば、リアル・ディズニーランドのような街」です。

ただ、それがはんぱじゃなく、非常に美しく、非常に素晴らしい。
そこについた瞬間に、あなたは、間違いなく中世の街並みに恋に落ちますよ。

では、旅日記はここからスタート。

まずは、バルセロナから飛行機でヴェネチア「マルコ・ポーロ空港」到着後、
船でヴェネチア本当に80分かけて移動します。
e0155786_627429.gif


空港はこじんまりとしております。
e0155786_63435100.jpg


空港の船乗り場はこんな感じ
e0155786_6283612.jpg


空港からヴェネチア本当を結ぶアドリア海の道中、どうやら「船用のルート」が
木により、まるで道路のように定められております。
そこを、船タクシーがばんばん、僕の乗っている公共船を抜かしていきます。
e0155786_6311493.jpg


しばらくすると、船は最初の停船場、「ムラーノ島」に到着。
e0155786_6334999.jpg


この時点で、すでに日本人としては、はるかに想像を絶する光景に
すっかりやられております。

この船、運河に面したヴェネチア一の有名観光地「サン・マルコ広場」が終着駅です。
e0155786_637097.jpg


もう、その美しさに完全に魂を奪われております。

ということで、観光詳細は次号に続くとします。
[PR]

by bonito_seco | 2009-04-16 06:38 | ヨーロッパ旅行記

ご無沙汰しておりました。旅行から帰ってきました。
金曜日の早朝から、月曜日の夜中まで、まる4日間、ふんだんに旅に使いました。
行き先は、世界屈指の観光地、イタリアはヴェネチア、フィレンツェ、ちょこっとだけピサ。

イタリアに住む友人の心強いサポートにより、
今回も、足に豆が出来るほど歩いて、人に丸いおなかを披露したくなるほど食べて、
気分が悪くなるまで飲んで、言葉を失うほど感動して、
そして風邪をひくほど疲れて帰ってきました。

ローマといい、今回のヴェネチア、フィレンツェといい、イタリアは、ほんとに
どこも唯一無二の観光地に恵まれております。
ローマ帝国が欧州の大半と北アフリカを支配しはや2000年、
地中海貿易でかせいだ富をもとにルネッサンスが開花し、その後衰退し500年、
仕事や旅先でイタリア人と接していると、
その後欧州史に覇権を唱えることがなかった理由がなんとなくわかる気がします。

これほどの観光資産に恵まれた街。素材を活かしたおいしい食事と、ワイン、
そして照りつける太陽と海。
これだけ揃っていれば、ラテン的資質はますます増長するわけで、
わざわざ外に出て、危険な目をして他国に攻め入って領土を獲得するような野心など
わくわけはないですよ。

というわけで、遊び疲れが取れていないため、
旅行記は次号からということにして、風邪気味でござりますれば、早めに寝るとします。
[PR]

by bonito_seco | 2009-04-15 06:17 | 独り言