以前に「天使と悪魔」をスペイン語吹き替えでみて、さっぱりわけがわからなかった、
という話を書きました。

結構ショックだったんです。「映画」という文化を、スペインでは楽しめないのか、、と。
もちろん、スペイン語がぺらぺらになれば、あれですよ。問題ないですよ。
ペネロペ・クルーズはスペイン語しゃべっててほしいですよ。スペイン人だから。
でも、トム・ハンクスは、スペイン語しゃべっちゃダメなんですよ。しかも本人じゃない声で。

あれ以来、会社の人に、その体験談を話していたら、、、、教えてくれました。
あるじゃないですか。「オリジナル音声、スペイン語字幕」でやっている映画館チェーンが。

そのチェーンの名前は「Yelmo Cines」。バルセロナ近郊に3件あり。
http://www.yelmocineplex.es/

市内に1件、あとはちょっと遠くに2件。その市内の1件は、なんと我が家から近いではありませんか。
しかもいつも街中に行くときに利用する41番バスが、映画館の前に止まるではありませんか。
いやーしらなかったなあ。

最近休日のほぼすべてビーチで過ごしていました。すっかり「ていたらく」でした。
「よし、映画みるべ」と思い立ちました。
「それでも恋するバルセロナ」とかやってないかなあ、と。
この映画館のWEBで上映中の映画をチェックしていたら、あんまりおもしろそうなものがやってません。

その中で、比較的なんとなく気になったもの。
クリント・イーストウッド監督/主演「グラン・トリノ」でした。
タイトルに使われている「グラン・トリノ」とは、1972年製のフォードから発売された車種の名前。
この車がそれとなく重要な役割を果たすのですが、、、

ピアの「映画生活」ってサイトでも、ランキングNo1ですし。
http://www.eigaseikatu.com/title/24703/

映画レビューはこの辺にして、、、良かったですよ。
ま、人の感想はどうでも良くって、要は自分が感動したかどうかなんですけど、、、
泣きました。そのとき観客は20人くらいいたのですが、ほぼ全員泣いてました。

クリント・イーストウッドが監督・主演した映画って、「ミリオンダラー・ベイビー」以来4年ぶり
だと思うんですが、やっぱりすごい人だなと思います。
映画の作り方、演技、生き方、そういうのをすべてわかっている人だなあ、と。
人生における悲しみや喜びを熟知している人だなあ。

e0155786_5441129.jpg

[PR]

by bonito_seco | 2009-06-30 05:56 | バルセロナの話

昨日、スペイン語の家庭教師の先生と来週の授業の日程の話をしていました。

僕「来週金曜日、ちょっと用事があって授業ダメなんです。」
先生「あ、じゃ水曜日はどう?バルセロナに来る用事があるから」
(先生は郊外の町に住んでいて、バルセロナに来るのは遠征らしい)
僕「あ、いいですよ。でもなんの用事ですか?」
先生「日本語図書館に生徒募集のチラシ貼りに行くの。」
僕「え? なんすか、その日本語図書館って? 
  その、つまり日本の本専門に置いてある図書館ってことですか?」
先生「そうよ、毎週水曜日と土曜日だけ開いてるの。」
僕「ど、どこですか、それ?1年以上住んでて、そんなものがあるなんてまったく知らなかったです。
  でも先生、そのチラシのタイトル、
  <スペイン語の従業>ではなくて<スペイン語の授業>に書き直したほうがいいですよ。。。」

日本の本、というのは海外では非常に入手しにくいものなのです。
日本食レストランとは違って、まず基本的に日本人以外は買わないものだからです。

ヨーロッパでは、日本人も多く住む大都市でのみ書店があります。
ロンドンでは三越の地下に日本の本屋が。
アムステルダムには、ホテル・オークラの地下に日本の本屋が。
パリにもあります。デュッセルドルフにもあります。
本は単価が低いくせに重量が重いので、本代と同じくらい送料がかかります。
したがって、値段は日本の3倍程度になります。

でも、バルセロナごとき田舎町には日本の本屋さんはありません。

海外一人暮らしで一番恋しいもの。それは日本のソフト、特に活字。

とういうことで、いてもたってもいられず、今日行ってきました。

バルセロナ日本語図書館(Biblioteca Japonesa de Barcelona)

場所はバルセロナのほぼ中心部。
http://www.lazul.com/bjb/

先生が白板に書いてくれた地図を頼りにたどり着いてみると、
特に看板もなく普通のアパートの入口。
ドアフォンに日本語で「バルセロナ日本語図書館」と書かれてあります。
e0155786_6233312.jpg


普通にアパートの中。階段を上がって、入口ドアを入ります。
e0155786_6244342.jpg


中の様子は、アパートの1室に大きな本棚を並べて作った手作りの読書室、といった感じ。

6畳くらいの部屋が2室。それぞれジャンルごとに分かれて本が並べられてあり、
小説・実用書から漫画、児童書からビデオ、DVDまであります。
e0155786_6251739.jpg


奥の10畳程度の大きな部屋には、新聞や雑誌、料理本が置かれてあり、大きなテーブルがあり、
ここは「閲覧室」として使われています。
e0155786_6253778.jpg


品揃えは、ブックオフや商店街の古本屋さんの足元にも及びませんが、
それでも、活字に飢えている僕には楽園のようでした。

廃棄本コーナーでは、ブックオフよりも安い、どれも1冊50センチモ。
ということで、僕は2冊借りて、1冊購入しました。

「日本語図書館」があるのは、ヨーロッパでもここだけじゃないだろうか。。。
すべてボランティアによる運営。
蔵書は、みなで持ち寄ったもの。係りの人もボランティア。

バルセロナ長期滞在者には、超おすすめの穴場的スポットです。
[PR]

by bonito_seco | 2009-06-28 06:25 | バルセロナの話

あなたのことを、誰も奇異・ゴシップのネタにしない、
静かで落ち着ける場所にやっと行けますね。

1982年、僕は中学1年生、13歳。
小林克也さんの「Best Hit USA」が一番好きなTV番組でした。
どの曲が今週の全米No.1だ?といつもワクワクして見ていました。

生粋のTOP40少年。レコードがたくさん売れた曲=いい曲。
それは今も基本的に変わっていないかもしれません。

あの世界で一番売れたアルバムは、当時の僕の衝撃のレコードでした。
英語なんかほとんどわからなかったけど、
「ビリー・ジーン」の意味深な歌詞、
「ビート・イット」のエディ・ヴァン・ヘイレンの強烈なギター
そんなことは当時はまったく分からず耳から入ってきた音を口ずさんでました。

当時なけなしのお小遣いで買ったレコード1枚、その後CDで買いなおした1枚、
5年ほど前に中古で買いなおしたアナログ1枚。3/1億500万。

そのアルバムの前のアルバムに収録されていた曲。
いろんなことを思い出させてくれる曲。

http://www.youtube.com/watch?v=qF0o-W5uu8o

この曲のレコーディングでは、何度レコーディングをやっても、自身が最後に泣いてしまい、
収録し直しを何回もしたが、結局そのままアルバムに収録されることになった、といいます。

とてもいい曲です。やっぱり繊細で、そして天才だったと思います。

Descanse en paz - 安らかな眠りを。
[PR]

by bonito_seco | 2009-06-27 07:06 | 独り言

好評の(?)「カタルーニャの旅」シリーズ、一応、今回が最終回です。
ついに超マイナーな2都市を登場させます。

ロケーションは、すっかり「ピレネーの麓」まで行ってしまってます。
ここは、「暇があったら」なんておすすめできません。
このクラスになると「住んでて行くところがなかったら」レベルです。

リポイは電車で2時間
ラ・セウ・ドゥルジェイはバスで3時間半です。
人口はどちらも1万人ほど。
地図で場所を確認してみましょう。
わかります?ピレネー山中に「アンドラ」ってありますよね?その下あたりにこの2都市があります。
e0155786_6545886.jpg


さて、まずはリポイ(Ripoll)。
有名なものは「サンタ・マリア修道院」。
ベネディクト会の修道院で、9世紀に建てられました。
e0155786_6275131.jpg


キリスト教系の建物で、9世紀のものはほとんどスペインには残ってないのです。
古いってのもありますが、たいていの場合、当時スペインを支配していたイスラムにより
なんらかの手を加えられたり、あるいは壊されたりしたものも多いからです。

さて、この修道院、火災のため、現在の建物は19世紀に再建されたものです。
その中で、唯一元の姿をとどめているのが、12世紀に造られた正面玄関、そして回廊。
e0155786_6474945.jpg

e0155786_648570.jpg



さて、続いて、ラ・セウ・ドゥルジェイ。
ここはまさにピレネーの麓。電車も通ってないので、バスでしかこれません。
ここは、まあ、自然がいっぱいで、アウトドアスポーツの拠点だったりします。
で、古い町並みがひっそりと残っておりまして、これが寂しくも良い雰囲気だったりします。
e0155786_6482584.jpg

e0155786_6483949.jpg

e0155786_6485723.jpg


「カテドラル/司教区美術館」がこの町の最大の見どころです。
e0155786_6492180.jpg

e0155786_6493851.jpg


この写真をとったのは確か土曜日の午後だったのですが、
カテドラルに続くこの「目抜き通り」、今から見てもほとんど人がいないですね。
カタルーニャの旗がいろどってはいますが、、、
e0155786_6495623.jpg


てなわけで、このラ・セウ・ドゥルジェイ、ピレネー山中にある小国、「アンドラ公国」に
行く際に通りますので、休憩がてら立ち寄ってみてくださいませ。
寂しくて良い雰囲気です。
[PR]

by bonito_seco | 2009-06-26 06:42 | スペイン旅行記

今日6月23日は、1年でもっとも日照時間の長い日でした。
日の出6時18分、日の入り21時29分。日照時間15時間11分。

今日はとても強烈な日でございます。おそらく、1年間で最高に強烈な日でございます。
「おそるべしスペイン人」と、これほどまでに感じた日はありません。

明日6月24日は、バルセロナは祝日。
イエスに洗礼を授けた聖ヨハネ(サン・フアン)の日(誕生)としてスペイン全土で
様々な行事が行われます。聖人の日です。あの預言者ヨハネさん。
新約聖書と旧約聖書の重要なつなぎ役。
うわさを聞いてイエス・キリストがわざわざ洗礼を受けに出向いた、あの聖ヨハネさんの
誕生日を祝う日。

こんな日の「前夜祭」に、この国の人達は、夏至の時期にあたるもんだから、
「一年で夜が一番短い」のをお祝いする日にすげかえてしまいました。

春分の日、秋分の日を祝日にしている日本とは大違いです。
そんな日達のことはスペインでは誰も気にしていません。
しかし、夏至は、もうそれは重大なことです。だって、夜が一番短いのですもの。

で、何をするかというと、、、

・子供たちが道路に”ぺタルド”、つまり「爆竹」を投げまくる。
・子供達、「花火」教育をちゃんと受けてないもんだから、あたりかまわず投げまくって非常に危ない。
・ペダルトや花火を売るスタンドが1ヶ月前くらいからいたるところに出没する。
・老若男女が海岸に集まって、朝まで飲めや踊れやのドンちゃん騒ぎをする
・それが朝の6時くらいまで続く。

ということで、今午前1時20分ですが、さっき取材地のビーチから戻ってきました。
宴はまさにはじまったばかりという様相で、ぞくぞくと人が海に集まってきていました。

日没直後の午後9時30分の街の様子。実に明るい。
e0155786_824262.jpg


ビーチで「ドラゴン」花火。あーやっぱり日本は花火でも断然繊細だ。
e0155786_8252822.jpg


ビーチのバーは、ふつうにクラブ化しております。
e0155786_8261944.jpg

e0155786_826356.jpg


しばし花火スペシャル。
e0155786_827096.jpg

e0155786_8272265.jpg

e0155786_8274629.jpg


人ごみスペシャル。
e0155786_8282296.jpg

e0155786_828431.jpg

e0155786_829475.jpg


友達と集まって、もちよったものを食べて、酒を飲んで、たまに踊って、
酔っ払って、朝までビーチでさわぐ。ひとときの享楽ってやつですね。
ざっと、1万人はいます。ということで、今でも、外で花火がなりまくってます。

寝られへんっちゅうねん!!
てことでタイムリーなレポートもあげたということで、
これからまたビーチへ逆戻りするべ。
[PR]

by bonito_seco | 2009-06-24 08:29 | バルセロナの話

しばしサッカーの話を書いておりましたが、
忘れ去られる前に、「カタルーニャの旅」シリーズを復活させますぞ。
(本人も結構飽きてるが、はじめてしまったものは中途半端な状態で終われない性格でして。。)

フィゲラスはバルセロナからフランス方面へ車で2時間。
フランスの国境の手前にある人口4万人の小さな町。

こんな不便な町ですが、一年中、観光客が訪れます。
それは、ここが、画家サルバドール・ダリの生誕地であり、
そして、本人が創設した美術館があるからです。

ちょっと、話題はそれまして、ここから1時間半くらい海の方に走ると、
ラスカラ(L'Escara)という町がありまして、その町から1kmほど離れたところに
アンプリアス(Empuries)の遺跡があります。
地中海を見下ろす丘に、ギリシア・ローマ時代のネアポリス(Neapolis/町の中心地)の
遺構が残っています。
e0155786_1571888.jpg


話をフィゲラスに戻しまして、フィゲラスはダリ美術館以外にこれといった観光地がないのですが、
おすすめ(というかこれしかない)は、「サン・フェラン要塞」。ヨーロッパ最大の規模を誇るらしいです。
兵士1万以上を収容できるこの要塞、ナポレオン戦争でも激しい攻防戦がくりひろげられ、
市民戦争では共和国政府の臨時首都がおかれていたこともあったとのこと。
(フランコ軍の猛攻にあい、落城したそうです。)
という話を聞いたら、いかざるをえません。要塞に上る道をすすみながら、
ナポレオンやフランコの猛攻を必死に堪えている往時を偲びます。
入り口に到着。
e0155786_225393.jpg


しまってました。。。ガイドブック上は開館時間内なんだけど、、、
ま、現在も軍が使用しているので、そういうことで入れなかったりするときがあるんでしょう。

気を取り直して、ダリ美術館。ここは楽しい。テーマパークみたいだ。
まず外観がへんだ。建物自体がへんだ。壁にはパン。屋根には卵だ。
e0155786_244162.jpg


正面入口は、まともそうだが、その前には、得体の知れない「のっぺらぼうマン」がいる。
e0155786_25203.jpg


中の絵やら、展示物もとにかくへんだ。
e0155786_274286.jpg

e0155786_28465.jpg


ダリ愛用のベッドである!
e0155786_2143922.jpg


ダリの奇行/天才ぶりは有名ですが、奥さんのガラさんも相当な人でした。
このあたりは一大人生ドラマになっていきますので、ここでは控えます。
興味がある人は、調べてみてください。
こういう人じゃないと鬼才の奥さんはつとまらないんでしょうね、ちゅうか、ガラもそうとうやんけ!
と、きっとあなたもつっこみをいれるでしょう。

日が暮れた路地は、普通の町のように、素朴で美しい(2008年末に撮影)。
e0155786_222873.jpg

[PR]

by bonito_seco | 2009-06-22 02:30 | スペイン旅行記

中村俊輔のエスパニョールへの移籍問題。
地元バルセロナでは、ほぼ決まっているように報道されてます。

先週木曜日(18日)の大手新聞「el Pediodico」のインターネット記事。
「ナカムラ、30歳、来年エスパニョールでプレー!」と見出しで書いてあります。
e0155786_7445889.jpg


記事内容は、

・エスパニョールの監督が言うには、来週の月曜日にもナカムラと契約する。
・2年契約で年棒240万ユーロ、肖像権の60%を獲得する。
・アジアのデビッド・ベッカムとして広告効果も高く、アジアツアーも考えている。
・日本人としては、西澤明訓についで2人目のエスパニョールの選手

気になるのは、日本のエースストライカーとしてやってきた西澤も、
結局リーグ戦に6試合出場しただけで、シーズン半分で結果的に追い出されたこと。
エスパニョールのトレーナーが当時のことを振り返って、
「アキ(ニシザワ)は良いやつだった。ただスペイン語が話せなかった。チームメートとも喋れない、
今何をしているかも分からない、そんな状況でいいプレーをするのは難しいよね。
日本人は、言葉、習慣、何もかもがスペインとは異なるから、それが原因だと思う。」
もうそのとおり。とても状況をよくあらわしてる言葉だと思います。

中村俊輔の場合は、すでに7年間、欧州でプレーしてるし、スコットランド・リーグで
実績をあげているし、60%の肖像権があるのですぐに元はとれて金銭的にはチームを潤すだろうし、
であんまり心配ないとは思いますが、、、
ずっとスペイン特有の慣習的「閉鎖性」に苦労し続けると思います。

モンジュイックで夜遅くまで試合されても、交通は不便なんだけどなあ。。。
と今から期待と心配でいっぱいです。

記事には全く関係ないこんな話も、、
バルセロナは、パリに次いで日本人の観光客が多い都市。第3位はグラナダ。
[PR]

by bonito_seco | 2009-06-21 08:10 | バルセロナの話

レアル・マドリッドのフロレンティーノ・ペレスが会長に再就任して、2人のスーパースターを
移籍させるのに、あっという間に使った額です。
この人、実業家で、スペイン最大の建設会社の経営者でもあります。

前回の会長時代に、フィーゴ、ロナウド、ジダン、オーウェン、ベッカムと財力にまかせて
世界のスーパースター達をかき集め、「銀河系集団」と呼ばれた当時のチームを作った人です。
オーウェンなんか、出場機会に恵まれなくて、1年で出ていきました。

今回入手した選手は、カカとクリスティアーノ・ロナウド。2007年と2008年のバロンドール。
当代最高の選手を一気に二人も獲得しました。

僕は心の底でははしゃいでいます。来季の開幕が待ち遠しいです。
3冠のバルサに挑む、第2期銀河系集団。
リーガ・エスパニョーラは名実共に世界最高峰のリーグですね。

で、結局、前回と同じように、守備面での補強をしなかったもんだから、
最後でバルサに負けてしまうのだろうなあ。巨人みたい。

そのペレス新会長の、イタリアの新聞社とのインタビューでの発言。
「クラブの財政悪化については心配していない。それどころか、我々は3つのゴールによって
クラブ財政を改善できると考えている。具体的にはチケット販売数の増加、銀行からの融資の拡大、
クラブの経済的価値の増大により、獲得資金を回収できる見込みである。」

ビジネスマンらしく、単純明快。

ということで、あとは中村俊輔がエッパニョールに来てしまうと、もう楽しくって仕方がないでしょう。

どうでもいいけど、明日はパリに出張で、朝5時起きです。もう寝ますよ。
[PR]

by bonito_seco | 2009-06-18 06:25 | 独り言

「バルサ3冠」がまだ自分の中で熱い感じなのですが、
海の向こうでは、LAレイカーズがNBAで優勝したという、これまた嬉しい知らせが。

2005年4月から2008年3月までの3年間、LAに住んでまして、
地元の人気スポーツチームといえばドジャースとレイカーズでした。
どちらも、良く試合を見に行ったものです。
大渋滞の中をダウンタウンへ車で行くので、試合を見に行くのは、
とにかく気分がときめく、華やかな大イベントでした。

レイカーズは、スペイン人のガソル選手が大活躍しているので、
ここスペインでも、それなりにメディアに取り上げられています。
(バルセロナ県出身である。うおっほん。)

そんなわけで、写真のアーカイブを探っていると、4年前の写真が出てきました。

はじめて行ったレイカーズの試合。
ホームコート、「ステイプルズ・センター」正門前には往年の名選手、
マジック・ジョンソンの銅像。
e0155786_6203564.jpg


バスケットの試合にはチア・リーダーは欠かせません。
ブレイク中にはレイカー・ガールズが、ファンを魅了します。
(チア・リーダーは人気職業です。ヒーローズのクララもチア・リーダーっす。)
e0155786_6205819.jpg


この頃はガソルはいませんでしたが、コービー・ブライアントは当時から一人だけ
違う才能を持って生まれてきたかのように、やっぱりすごかったです。
e0155786_6211630.jpg

e0155786_6213345.jpg


ということで、レイカーズそしてLAのみんな、おめでとう!!
[PR]

by bonito_seco | 2009-06-16 06:27 | アメリカ

今日もビーチに行きました。今回はちゃんと日焼け止めを持っていったので、
「たこ」になってません。「日焼け止め」って本当に有効に働くんだなあと妙に感動。

さて、バルセロナから北に80kmくらいのところに、ビックという歴史の古い町があります。
人口は4万人弱、落ち着いたたたずまいをみせる小さな町です。

ここには、西暦2世紀にローマ人によって建てられたローマ神殿がほぼ完璧な状態で
残っています。神殿が残っているのはスペインでもかなり珍しく、
もちろんビックの一番古い建物です。
e0155786_613778.jpg


ビックの有名な司教さん、オリバさん(10世紀)。モンセラットの修道院を創立した人です。
隣には VIC のカテドラルの鐘楼。
e0155786_6133526.jpg


カテドラルは比較的新しいネオ・クラシック様式(18世紀後半)。
e0155786_6135543.jpg

e0155786_6142513.jpg


ここのハイライトは、司教区美術館。中世美術の傑作の数々がありますが、
中でもこの「聖マルティヌスの前飾り」が有名です。コントラストの強い独特の配色。
ロマネスク特有の強烈な感覚。一度見るとずっと印象に残る絵です。
e0155786_6145635.jpg


町の歴史を見守ってきた、ロマネスクの橋。
e0155786_6152323.jpg


ビックもまた日帰りで充分楽しめる、素敵な町でした。
[PR]

by bonito_seco | 2009-06-15 06:17 | スペイン旅行記