今、スペインでは、「夏季勤務時間」ともいうべき、「JORNADA INTENSIVA」中なんです。
仕事は午後3時に終わります。すっかり文化として根付いており、採用している企業がとても多い。

「JORNADA INTENSIVA」というのは、直訳すると「集中的な労働時間」という意味。
「頑張って集中して働いて、そいで、仕事はとっとと切り上げて、遊びに行くことを奨励す」
っていうことかと思うんです。

それはもうありがたい話なんですが、日本人の僕にとっては生活のリズムが狂って、
ありがた迷惑きわまりない話なんです。


僕が勤める会社も、7月8月の2ヶ月間毎日、そして年中毎週金曜日、
この特別な勤務時間帯を採用しています。

「JORNADA INTENSIVA」の期間は、始業時間を朝8時に繰り上げ、
朝食休憩で30分休んで、昼食をとらず、1日6時間半働くことになります。

その分、普段は、朝8時半から午後6時まで。昼食休憩をはさんで8時間半働きます。
この1日1日の30分の積み重ねにより、毎週金曜日と、夏期間中毎日、3時に仕事を
終えることが出来るという恩恵を授かることができます。

週末と夏の時期に、国家ぐるみで、人々を仕事から解放するシステムを採用している
スペインには、感心せざるを得ません。

ちなみに、休暇日数はというと、今年の場合、土日で102日、カタルーニャ自治州の祝日が12日、
バルセロナの祝日が2日、とび休が2日で、年間休日116日。
ここに、個人が持つ21日の有給休暇を足します。

有給休暇は、「取らなきゃ損」という考え方が根付いているので、基本的にみんな取ります。
というわけで、年間労働時間は、結果的に1772時間。

この数字が多いのか、少ないのかというと、結果的には、ヨーロッパでは標準的だと思います。
でも、スペイン人は働かないという印象を他のヨーロッパからももたれているのは、
このシステムや、一部の地域で採用されている「シエスタ」のせいなんでしょうね。

純血日本人の僕はというと、午後3時=日本時間午後10時。
まだ多くの人が残業で頑張っている時間です。
いくらみな帰るからといって、自分も3時に会社を後にすることは、
どうしても後ろ髪がひかれてしまい、帰れません。
必然的に、5時間も6時間もひとりぼっちで仕事しているわけですね。

あー、なんと日本人的なこと。
といいながら、毎日毎日、帰宅時間が早くなってきているこのごろ。
最近7時にはいてもたってもいられなくなります。
そりゃね、昼飯も食べないで、頭は働きませんよ、ね?

ラテン化?
[PR]

by bonito_seco | 2009-07-30 05:50 | スペイン生活

スペインはご存知のとおり、料理がおいしいです。

でも、どうしても、なぜだか、パスタがまずい。
いや、正確に言うと、まずいというよりは、気を使ってない。
イタリアで食べるそれとはまったく違う別物。

スパゲティではなく、そーめんやうどんやそばやらーめんやら
といったまるで別の麺類のよう。

高級レストランやイタリア料理店(そういえばあまりない)ならば事情は違えど、
ランチを普通にとるようなバルなどで出されるパスタ、とりわけスペゲティは
びにょびにょでのびきっています。

されとて、不思議なことに、スペイン人、パスタ好きが結構多い。
それで、のびのびスパゲティをおいしいといって食べてるわけです。

日本人の、米に対する愛着や洗い方や、炊き方や、時間管理やら、
水加減など無意識のうちに持っているこだわりなんかをスペイン人には理解できないのと同じように、
イタリア人がパスタに持っているそうした感覚も理解できないのでしょう。

というわけで、たまりかねて、手の込んだ料理をつくってみました。

じゃーん、ラグーソース。

材料は、、、
合い挽き肉
ベーコン
ブティファラ
たまねぎ
にんじん
セロリ
にんにく
トマト
赤ワイン
e0155786_5574596.jpg

(写真の食材で結局4食分くらい出来てしまいます)

どれもみじん切りにして、とにかく、煮込む、煮込む、煮込む、ひたすら煮込む。

するともうそれぞれの食材から出てくる旨みがからまって、
なんともいえないコクが出てくるんです。
特にブティファラ君の働きは秀逸です。
バルサでいうと、ダニアルベス的な一瞬の攻撃力を秘めております。

で、パスタは、スペインでは2メーカーくらいしかおいていませんので、
ここは本場イタリアで買ってきたものを。

ということで、完成後。
e0155786_558378.jpg


翌日の昼食にも。
e0155786_5582966.jpg


あ、見た目はあんまりおいしくなさそう。。。
これは写真技術の問題とする。

お味は、やっぱり、とーっても、おいしいのですよ。
[PR]

by bonito_seco | 2009-07-28 05:58 | 食べもの

先日たまたまイタリアの地震被災地、ラクイラを車で通りました。

ラクイラは、今月の上旬にサミットが開催されたので、
最近の被災地の映像を見た方も多いと思います。

アドリア海側からローマに抜ける高速道路の途中で、たまたまこのラクイラを通りました。
高速道路のサービスエリアからは、避難生活を送っている方々が暮らすキャンプ地が見えました。
e0155786_6375784.jpg


今年4月6日の地震により、270人以上の方が亡くなり、
4ヵ月近くになる今もなお、7万人以上が避難生活をしているとのことで、
地震のつめあとは大きいようです。
ベルルスコーニ伊首相が、急遽サミット開催地をここに変更したのも、
世界中の関心を集めるため(援助金を集めるため?)だそうです。
この人、こういうパフォーマンス好き、失言続きで有名なのですが、
総理選に三選してしまうほどイタリアでは人気者です。



サミットの舞台、自然災害、というと、去年の洞爺湖サミットを思い浮かべます。
(そういえば、当時はまだ福田さんが首相でしたね。。)

湖畔に温泉街や昭和新山を持つ洞爺湖は、北海道でも有数の観光地です。
e0155786_6393037.jpg



そして、あの自然災害を思い浮かべます。

洞爺湖畔にある有珠山が最も最近噴火したのは僕が札幌に住んでいた2000年。

3月31日の午後1時過ぎ、西山山麓からマグマ水蒸気爆発が発生。
噴煙は火口上3500mに達しました。札幌の街からもその噴煙を見ることが出来ました。
e0155786_6403096.jpg


札幌から中山峠をぬけ、ニセコ、洞爺湖を通過し、函館方面へ向かう、僕が何度も通った
国道230号は、地盤の隆起と断層により破壊され、通行不能。鉄道も運行を見合わせました。

火口に近い地域では噴石や地殻変動による家屋の破壊が多発。
広い範囲で地殻変動による道路の損壊が発生し、
被害総額は170億円にものぼったとのことです。

幸いなことに、この噴火による人的被害がいっさいありませんでした。

噴火発生の4日前の3月27日には、近日中の噴火が予知され、
2日前には気象庁が「緊急火山情報」を出しました。
これを受けて周辺の3市町は危険地域に住む1万人余りの避難を噴火までに完了していました。

・有珠山が比較的「噴火予知のしやすい火山」であること、
・地域住民の多くが過去の噴火を経験している(前回の1977年、前々回の1943年)こと、
・普段からの心構え
(「温泉などの、有珠山の火山活動による恩恵を受けて暮らしているのだから、
30年に1度の噴火は当然受け入れなければいけないこと」という意識が高く、
周辺市町のハザードマップの作成や、普段からの児童への教育などがなされており、
危険地域を避けた適切な避難誘導を行った。)

このこと、なんでもないことのように思えますが、海外で6年暮らしていると、
こういう部分って、やっぱり日本、日本人はすごいと思います。
僕は日本人であることに誇りを持ちます。

一時はライフラインを絶たれたこの町も、現在ではまた当時の活気を取り戻し、
今日も多数の観光客でにぎわっているはずです。


イタリアも、頑張ってます。被害後、すぐに国家レベルで対策がうたれ、
キャンプ地が設置され、心に深い傷を負ったであろう子供は、応援に駆けつけている、
イタリア軍の人たちとサッカーを楽しんだりしています。

被害を受けた方々が、一日でも早く、元通りの生活を送ることができますように。
[PR]

by bonito_seco | 2009-07-26 06:51 | ヨーロッパ旅行記

ふらりと立ち寄ったプラサ・ノア

ん?、いつもとなんか違う。。。

市中心部に来るときは、いつもこのカテドラル前のプラサ・ノアの下の駐車場を利用しています。
ここは旧市街ゴシック地区の入り口。バルセロナの中で僕が一番好きな場所です。

地下駐車場から地上に上がって来た瞬間、なんだかいつもと雰囲気が違う。

なんだろう、、、、え、と、こんな風景だったけなあ??

あー


カテドラルがー
e0155786_6463179.jpg



修復を終え、新しい石で白みがかったファザードが姿をあらわしています。

バルセロナで暮らして17ヶ月、まさか、住んでる間に、修復工事が終わるとは思いませんでした。
(まだ上部は工事中ですが、、)

ちなみに以前の姿。
e0155786_6413758.jpg


なんだか感無量です。

早く、上部の修復も終わるといいのに。。。

このカテドラル、1298年に着工が始まり、1448年に工事終了。
561年間にわたり、この場所で、バルセロナを見守ってきました。

やっぱり、かっこいい。惚れ惚れしますね。
[PR]

by bonito_seco | 2009-07-25 06:44 | バルセロナの話

今日はバカンスでバルセロナを訪れたドイツ人同僚家族と市内観光。

12歳になる息子のルーカス君は、バルサ大好きのサッカー少年。
朝カンプノウに行って、スタジアムツアーに参加し、オフィシャルショップで買ってもらった
ユニフォームを早速着ています。
もちろん、ランブラスでこんな人がいれば、とりあえず記念撮影するでしょ。
e0155786_775551.jpg


ルーカス君、ドイツの片田舎ではありますが、所属するリーグで昨シーズン24ゴールを
決め、得点王だったとのこと。

大人になったらバルサでプレーするのが夢らしい。。。
お母さんは、そんな息子が大金持ちになって、遊んで暮らすのが夢らしい。。。


2週間ほど前に、こんな話がニュースで報じられてました。

大病を患った、貧しい家庭の少年が、お母さんに、Tシャツに、大好きな、大好きな、
とあるバルサの有名プレイヤーのサインをもらって欲しい、と懇願しました。

お母さんは、そんなメッセージをしたためてチームにそのTシャツを送りました。

その話を聞いた、この有名サッカープレイヤーは、Tシャツへのサインどころか、
今年のCL準決勝で、強敵チェルシー相手に、ロスタイムに奇跡の同点ゴールを決め、
決勝進出を果たした時にはいていたシューズを、その少年に贈りました。

治療費も全額負担してあげるそうです。


このサッカー選手の名前はイニエスタ。
メッシやロナウドほどの世界的知名度はないかもしれませんが、
間違いなく世界最高の選手のひとり。
e0155786_7103536.jpg



ルーカス君、大きくなって、スター選手になっても、イニエスタのような選手になるんだよ。

そして、今日一緒にごはんを食べた、変な日本人のおじさんのことも忘れないでね。
[PR]

by bonito_seco | 2009-07-24 07:10 | スペイン生活

またもや、驚愕のニュースが飛び込んできました。

「世界で広く知られる炭酸飲料、コカコーラであるが、同社は各国で生産される商品について、
毎月、その品質評価を行なっている。スペイン、ポルトガルに工場を持つイベリア支社は、
この品質レベルにおいて、常に世界ランキング上位に位置していたが、
これまで数年間に渡って世界トップの座を占めてきた日本を抜いて、今回初めて、世界第1位となった。
ランキングは、イベリア支社のあとに、韓国、ベルギー、英国、東欧、日本、米国と続く。」

レストランに行っても水は有料ですので、仕事中の昼食から、みんなワインやビールを飲んでます。
アルコールを飲まない人の中では、もっともポピュラーな飲み物はコーラです。

僕もビール以外の炭酸飲料はあんまり飲まないようにしているのですが、コーラは、時々飲んでます。
夏には40度を越す地域もあるので、時々、なんだか無性にコーラが飲みたくなる
ことがあります。そんなときは、やっぱりとってもおいしい。

でも、やっぱり、ビールにはかなわない。安いし。
ビールも、コーラも、水もスーパーで買うと、どれも1缶だいたい60センチモくらい。
マクドナルドでも、セットメニューで選べる飲み物の中に水やコーラのほかビールもあります。
どれも料金は同じなんで、だったら、そりゃ、ビールだよね、普通。

ということで、最近は、夕食後によくラム&コークを好んで飲んでます。
[PR]

by bonito_seco | 2009-07-22 06:36 | スペイン生活

今住んでるPiso(アパート)に住んで、はや1年以上。

知りませんでした。屋上にアクセスできることを。。。

先日屋上素敵ライフ(と言っても洗濯物を干したり、悪なすびを育てる花壇を放置しているだけですが)
を送っている友人宅アパートの屋上を見て以来、我がPisoにも秘密の屋上があるのではないかと
思っていたわけです。

ここは、日本で言うところの7階建て。僕は5階です。
初めてエレベーターで上階行きのボタンを押したら、、、、

ありました、そこからさらに上に続く階段。
屋上に出れると思われる扉があります!!

、、、、鍵もかかっておらず、あっけなく出れました。
e0155786_638471.jpg


ここは、残念ながら、住人に解放されている空間ではなくて、洗濯物も干せなければ、
イスを置いてひなたぼっこをするようにもつくられてない。
果ては悪なすびを育てるための鉢植えなんか置いた日には、、、

屋上からの風景は、自分の部屋(5Fにあたる)の窓から見る風景とはがらって違うものでした。


南、海方面。
e0155786_6393979.jpg


北、山方面。(左のほうのへんてこりんな形のビルは「トーレ・アグアバ」。水道局のビル。有名です。)
e0155786_6443574.jpg


東、ディアゴナル・マル方面。(高層マンションやらホテルの建築が続いてます)。
e0155786_6402096.jpg


西、市中心部方面。(保険会社「MAPFIRE」と「ホテル・アーツ」のツインビルやモンジュイックが見えます。)
e0155786_6403888.jpg


またまた海方面をぐーっとズームで。
e0155786_6411627.jpg



こうしてみると、バルセロナは、やっぱり海と山に囲まれた、
日本で言うと、神戸みたいな街だなと再認識します。

素敵空間です。

花火とかの日には、一人で、お酒を持って、ここにあがって来るべ!
(あ、1年後?)
[PR]

by bonito_seco | 2009-07-17 06:41 | バルセロナの話

このブログの検索ワードランキング1位の言葉、、、なんだと思います?

「バルセロナ トップレスビーチ」

なんです。ずっとトップの座を守っています。不思議です。
この「バルセロナ トップレスビーチ」と検索エンジンにかけてしまった人が、
このブログにたどりついているということです。


こんなありきたりの言葉達の組み合わせでひっかかるWEBなんて5万とありそうですね。

だから、世の中には物好きがいるもんだと。
相当上から順番にしらみつぶしにクリックしてるんだろうなと、
そして725番目くらいに、このブログに行き当たって、クリックしてみたら、
得られる情報なんて、この程度。

てなわけで、とある日、あまりに不思議で試しにグーグルで「バルセロナ トップレスビーチ」で
検索してみたら、

な、な、なんと、トップで僕のブログが出てくるではありませんか!

072.gifグーグルでトップに出てくるんですよ。このブログ。
なんとも、名誉なことを、不名誉な言葉で実現してしまいました。

だからといって、もうひとつつくって、ヒット率をアップしてやれ、とか思ってないですよ。

そんな、いい加減な気持ちでつけたわけではないですよ、このタイトルは。。。

というわけで、ここから本題。


「トップレスビーチ」は、おそらく地中海沿岸であれば、スペインの西端のジブラルタル海峡から
はてはフランスを越えて、ぐるっとイタリアの最南端にいたるまで、
基本的には「トップレスビーチ」ではないでしょうか?

だから、どのあたりが「トップレスビーチ」だ?などと調べなくても、地中海沿岸なら
ビーチはどこでも基本的にトップレスな人が多いんです。


「トップレスビーチ」という呼び名は、僕はあんまり正しいとは思わなくて、
なぜなら、単に「トップレス」になっている人が多い、というだけで、
誰かが、例えば市町村や観光局が、ここは「トップレスビーチ」と名づけて、人を集めよう!
とかって決めてるわけではないからです。

というわけで、「ヌーディストビーチ」も、ただ単に、そこに全裸の人が多いエリア、
だというだけで。

はい、僕のうちの近くにもそのようなエリアがあります。
e0155786_4223235.jpg


これは「海の散歩道」を示す看板。

写真右上の赤いしるしのあたりが僕の家、

赤矢印のところは、散歩道のスタート地点。僕はビーチではいつもこのへんにいます。

そ、そして、黒い丸のところが、その「全裸地方」です。

この「散歩道」の100m付近から、「全裸地方」をみた風景。
e0155786_4243061.jpg


レインボーフラッグなんかをかかげた海バルがあります。
ここの向こう、ちょうど、小山の前のビーチが、「全裸地方」です。

あ、ちょっとズーム気味にしてみると、、、

すでにこの海バルの中を全裸で歩いている男性がいますね。
e0155786_4265613.jpg


わかります?

左端のほうに。。。。
素敵。。。


男性ですよ。残念でした。

あしたから、検索ワードランキングを見るのが楽しみだ。
[PR]

by bonito_seco | 2009-07-16 04:27 | バルセロナの話

行ったわけじゃないですよ。行きたいですけど。

先日ニュースでこんな話がありました。

「サン・フェルミン祭、牛追いで1名の死者」

「パンプロナの牛追い祭りとして知られるサン・フェルミン祭も中盤に差し掛かった今日、
一人の死亡者を出す事となった。亡くなったのはマドリッドのアルカラ・デ・エナレスからやってきた
ダニエル・ヒメノ・ロメロさん(27歳)で、体重515キロの牛の角に刺され、負った怪我が原因で
ナバーラ病院にてその死亡が確認された。1922年にパンプロナの闘牛場がオープンされて以来、
同祭りで死亡したのはダニエルさんが15人目となる。」

なんだ、祭りで死者って?、まるでわが岸和田の誇る「だんじり祭り」みたいじゃないか!

ということで、「だんじり祭り」については、きっと日をあらためて解説してやる、
と思いながら、今日はこの世界的に有名な「牛追い祭り」の話。

「スペイン3大祭」として、
サン・ホセの火祭り - バレンシア 3月
セビリアの春祭り - セビリア 4月

そして、このパンプローナの「サン・フェルミン」の「牛追い祭り」です。
スケールや注目度からいって、スペイン最大の祭りであります。

今年は7月7日から14日まで開催されており、日本のNHKにあたる国営放送「TVE」が
毎日朝早くから実況生中継を送っています。
先日イタリアで開催されていたG8サミットなんてまったくここでは放映されていませんが、
この祭りはずっーと実況中継されてます。

行きたくても、パンプローナ、そうやすやすとは行けないのです。
スペインの中心地マドリッドからも北東方面へ約400Km。
普段は人口18万人(これもほぼ岸和田市と同じ)のこの町も、この時ばかりは250万人が
集まってきます。なのでとにかくホテルがない。1年以上も前から埋まっている。
だからみんな野宿してるらしい。

「サン・フェルミン」はパンプローナの守護聖人の名前。その日にあたる7月7日から
毎年一週間にわたり催されています。
へミングウエイが、小説 「日はまた昇る」で紹介したことで、世界的に有名になりました。  

そしえ、この祭りのメインイベントとなる 「牛追い」は7月7日から毎日朝8時きっかりにスタートし、
その後闘牛、民俗舞踊、音楽コンサート、フェスティバル、パレード等盛りだくさんのイベントが
組込まれています。

来年こそは、必ず、行く。絶対行く。
(てか、1年後にまだここにいる保障はどこにもない。。。)

e0155786_653558.jpg

[PR]

by bonito_seco | 2009-07-14 06:08 | スペイン生活

昨日、中村俊輔がバルセロナ・エル・プラット空港に到着しました。
こちらスペイン各誌でもかなり話題になってます。
こちらのムンド・デポルティボ誌の記事


記事はさておき、まずはこの写真。このショットすごいなあ、と感心します。
メディアと契約しているプロのカメラマンによる撮影に違いないでしょうが、
この瞬間、この位置にいて、このシーンを逃さず撮り、採用されて、トップで掲載されている。
これ、撮った瞬間に、「よし、ムンド・デポルティボの一面を飾るのはこの写真だ」と
きっと思ったことでしょう。

カメラ撮影の技術は、プロとしてやってるからには、みんな持ってるわけで、
そんな5万と撮られる写真の中から採用されるたった1枚は、決して偶然ではなく、
そのショットが撮れる、そこに居合わせた必然性があったこと。

そこにいるために、そのショットを撮るために、きっと入念な準備と下調べと、
そして強運があったことでしょう。

「スーパーサラリーマン」を自負する偉大なる会社の印象的な上司の言葉。
「運も実力のうち」
「成功の秘訣は、、、その場にいること」


スペイン語学習がてら、この記事の要訳をしてみましたです。


エスパニョールに今年入団が決まった中村俊輔が今日バルセロナに到着した。
300人以上の熱烈なサポーターと報道陣の出迎えを受けた。
ナカムラは自分の立場を以下のように語った。

「僕はスターでもなんでもない。守備のときは誰よりも多く走らなければならないだろうし、
それを率先してやりたいと思っている。チーム内でうまくコミュニケーションをとっていくのは
簡単ではないだろうし、少しずつだけれどもこれから頑張っていく。
たくさんのファンの方に来ていただいて、期待されているのはひしひしと感じるが、
嬉しいと同時にプレッシャーを感じている。なぜなら、これから僕はそのことをプレーを通じて
証明してみせなければいけないから。」

「ナカムラがついにやってきた」と地元ファンの大きな期待を背負っているが、
日本でのプレーを絶って夢であったスペインリーグでプレーすることを選んだイタリアと
スコットランドでプレーした左利きのミッドフィールダーは豊富を次のように語った。

「日本にいるよりも、世界の一流選手となるためにここにきた。ここでもっと自分の可能性を広げたい。」

ナカムラはこの後12日にメディカルチェックを受けることになっている。
クラブサイドはナカムラの選手としての能力もさることながら、
日本のスーパースターでもあり、経済面でも収益をもたらしてくれると期待している。
[PR]

by bonito_seco | 2009-07-12 08:23 | バルセロナの話