遅ればせながら、メルセ祭のレポートです。

カタルーニャ州の各市町村では、この時期、フィエスタ・マヨール「Fiesta Major」(大祭り)と呼ばれる
町をあげての祭りが各地で行われます。

バルセロナ市のフィエスタ・マヨールはその守護聖人、「メルセの日」(9月24日)を
メインとして約1週間続きます。
e0155786_6181519.jpg


この時期、旧市街地を中心に地元市民や観光客が街に押し寄せます。
イベントが盛りだくさんで、老若男女、誰もが楽しむことができます。
e0155786_6184289.jpg


主要な広場に設置されるステージでのライブ音楽や各種屋台はもちろん、
e0155786_619175.jpg

カタルーニャ地方の伝統ダンス、「サルデーニャ」、
巨大人形のパレード、などなど。
e0155786_6192014.jpg

そして、最も有名で、独特なものが、カタルーニャの伝統行事、「Castellers」(人間の城)。
e0155786_621248.jpg


今回は、このCastellerasについて、書いてみます。

メイン行事(というか大会?)は、9月24日昼12時30分、サン・ジャウメ広場で開催されました。
バルセロナの各地域を代表するグループが技と高さを競い合います。

このCastellers、まるで日本のお祭りのように、各町毎にクラブがあり
(例えば「チーム・サグラダ・ファミリア」、「チーム・バルセロナ・カテドラル」など)、
いろいろな町のフェスタ・マヨールの大会に出場して競争をしているそうです。
「人間の城」には難易度によって点数があり、チームごとに、その点数を競いあいます。
e0155786_6214960.jpg


中でも、TV局の中継が入り、最も世の中の人の注目を集める、
バルセロナのフィエスタ・マヨールでの大会は、最高の舞台でしょう。

当代きってのよりすぐられた5チームがいよいよ入場行進。
決まってこの形。2段目に屈強な男性。3段目に女性、そして4段目には子供。
e0155786_6221239.jpg


不思議な催しものと言ったらそれまでなのですが、
実際に生で実物を見てみると、これが感動的なのです。
見物している観衆も傍観者でいるわけにはいきません。
e0155786_6223268.jpg


人間の塔が作られていくに従って緊張感が漂い、まるで、
観衆の視線や願いによって塔が安定し、皆が人間の塔に参加しているような気分になります。
e0155786_6225097.jpg


上部にばかり注目が集まりがちですが、「柱」になっている人の周囲には、
塔全体や補強のためにメンバーを支える集団がいます。
「力」「バランス」「勇気」。
e0155786_6231190.jpg


下部から順番に男性→女性→子供と続いていき、特にてっぺんの「casteller(塔の一段)」となり、
人の柱をよじ登っていくのは、メンバー中、もっとも体重の軽い、最年少の子供が努めます。
登りきってポーズを決めた後に、また柱を構成している人々の背中を滑り降りなければならず、
子供ながらに、難易度の高い技術と、そして勇気を示さなければなりません。
e0155786_627419.jpg


このCastellerがポーズを決めた後も気が抜けません。
塔を築き上げたメンバーの一段が「降りてくる」際のバランス維持が、また大変なのです。
全員が降り終わると、観衆はこらえていた息をつくことができ、拍手と歓声が響き渡ります。
成功に喜ぶメンバーの姿に、感動で涙が出そうになります。
e0155786_627306.jpg


まるで、個人の功績など存在せず、自分の安全は他者の手中にあり、
自身の手には他者の安全が託されていることを知っている
男たち、女たち、そして子どもたちに対して敬意を表する儀式のようです。

力と、そして物理的、精神的なバランスが共有された時に、人間の塔は築き上げられます。
美しいものは常に複数からなり、失敗や成功も決して孤独なものではない。
e0155786_628219.jpg


この不思議な伝統行事には、そんなカタルーニャ精神がつまっているのかもしれません。
[PR]

by bonito_seco | 2009-09-30 06:33 | バルセロナの話

スペイン人は相当お祭り好きな国民です。

生死をかけて牛を追う祭りもあれば、トマトをつぶして喜ぶ祭りもあれば、
巨大はりぼて人形を燃やして喜ぶ祭りなど、個性的な祭りがいろいろあります。

岸和田市民としては、中でも、祭りごときに生死をかけるその根性がとっても親近感をいだきます。

で、バルセロナ最大のお祭り「メルセ祭」がいよいよ明日9月23日(木)から秋の訪れを祝うように、
街全体で盛大に祝われます。

このお祭りはバルセロナの守護聖人、聖女メルセを祝うものなので、バルセロナだけが祝日です。
今年はカレンダーのめぐりあわせで、金曜日もPuenteで休みとなり、4連休です。

街中イベントが盛りだくさんですが、中でもハイライトは、巨人のパレードと
伝統的な人間の城(CASTELLS)です。

明日街に出て、その様子をチェックしてきますね。
お楽しみに。
[PR]

by bonito_seco | 2009-09-24 06:53 | バルセロナの話

随分とご無沙汰していました。
展示会による過労と睡眠不足により、すっかりブログ更新を怠っていました。

さては、展示会そのものは、5日間にわたり、45000人を集めた国際的なイベント。
IBC、、、「国際放送機器展」とでも訳しましょうか。
今年は不況を反映してか、来場者数は7%減となりましたが、
我社ブースへの来場客は昨年よりもだんぜん多く感じましたぞ。
e0155786_143274.jpg


さて、仕事の話はここらへんにして、アムステルダムといえば、、、、
レッド・ライト・ディストリクトやコーヒーショップなんて話題を出しそうなものですが、

やはり僕のブログでは、スキポール空港内にあるスーパーの日本食売場がフィーチャーされます。
e0155786_143456.jpg


7ヶ月前に見たときよりも、ぐっと商品数が増えてるような。。。
e0155786_1465612.jpg


お弁当&惣菜コーナーには、たこやきまで。。。
e0155786_1471377.jpg


しかし、チェックイン前にある空港内のスーパー。
いったい誰がわざわざここに来て日本食材を買うんだ?

あ、僕?、あ、そうね。僕みたいなのが興奮して買っちゃうのですね。
[PR]

by bonito_seco | 2009-09-22 01:49 | ヨーロッパ旅行記

に仕事で来ています。。。

放送機器&AVプロダクション系の欧州最大のイベントに出展します。
今日から7泊の長期滞在です。

何はともあれ、オランダは昔1年間ばかり住んでいた場所。
懐かしいものがいっぱい。

例えば、、、


<青い飛行機>
e0155786_6111196.jpg

この航空会社は、昔はいろいろひどかったんですが、
最近はサンドイッチの味もましになりまして、
心なしか女性客室添乗員の背も低くなった気がします。

<スキポール空港の正面入口>
e0155786_613783.jpg

ここは欧州で一番好きな空港です。非常にオーガナイズされています。
空港内のショップなどもエンターテイメント性抜群です。
日本への便では、乗り継ぎは必ずここを使います。

<スキポール空港の中の「フリカンデール」の自動販売機>
e0155786_615074.jpg

はっきりいって、そんなにおいしくないんですが、
そういうことも含めて、「オランダの味」です。
とりあえず、長期出張などから帰ってきたら、まずはここでこの「フリカンデール」を
買ってました。

<運河に浮かぶ、ボートハウス>
e0155786_6163099.jpg

情緒はあふれるが、、、夏は蚊が多くて大変そうだ。
でも、地元オランダ人からもボートハウスは大人気だそうです。
(高いのと、競争率が高いので、なかなか入手できない、らしい。)

でも、最近は、アムステルダムといってもここのイメージしかありません。
RAI-エキジビション・センター
e0155786_618066.jpg

数万人規模の展示会を収容できる会場やホテル、都市の魅力で、
欧州No.1の展示会場です。。。なので、よく仕事でここに来ます。
ここにつくと、いつも現実に引き戻されてしまいます。

イベント出展が成功するよう、帰る日まで頑張りますぞ。
[PR]

by bonito_seco | 2009-09-10 06:19 | ヨーロッパ旅行記

これはアメリカに駐在していたときに、ときどき聞いたフレーズ。

絵でたとえると、こんな感じですよね?

e0155786_6132631.jpg
 

ありえないですね。

ということで、英語で「ありえないこと」を表現するときに使われます。


なんでこんな話かと言うと、いまだに整理中のスイスの写真を見ていたら、
こんなものがでてきました。

ハイキングルートです。
豚小屋のそばを通ります。
豚は放し飼いにされてます。

近くのドロ沼で水浴び遊びしていた豚が、僕を見るやいなや近づいてきました。
e0155786_6165562.jpg


とことん接近したあげく、よくのびた鼻で、なにやら僕の匂いを確認しています。

なんとほほえましい光景なのでしょうか。


が、しかし、このとき、僕は恐怖におののいていたのでした。

だって、豚ってば、この鼻、とっても硬く、おまけに木製の柵なら簡単に壊してしまう
強大な背筋を備えており、牙も強い背筋を生かせるよう上向きに生えており、
人間のような丈の高い動物を敵と認識すると、突進して鼻先を股ぐらに突っ込み、
頭部を持ち上げながら強くひねる、という得意技を持っています。

この技は「しゃくり」と呼ばれており、まともに人がしゃくられると数メートル飛ばされ、
腿の内側の静脈を切って大出血することがある。

らしいからです。


で、この豚君、ひとしきり僕の匂いをかいだ後、
興味なさそうに、そっぽを向いて、歩いていってしまいました。

「日本人観光客、スイスで豚にしゃくられ重症」なんて記事が新聞に載らなくてよかった。

豚ではなく、僕がしゃくられて飛んじゃうとこだったわけですね。
[PR]

by bonito_seco | 2009-09-07 06:24 | 独り言

先日ポルトガルのポルトに出張に行ってきました。

ポルトは人口24万人ながら、首都リスボンに次ぐポルトガル第2の都市。
市街地は「ポルト歴史地区」として世界遺産に登録されています。
e0155786_635571.jpg


大西洋に面し、スペインから流れ込むドウロ川沿いにあり、北部で取れる独特のワインは、
この川を渡ってポルトの港で貯蔵され、世界中に輸出されます。有名なポルトワインです。
e0155786_633681.jpg


ポルトガルなので、当然ポルトガル人と仕事以外にもいろいろ話します。

スペインとポルトガル、企業活動ではよく「イベリア」と、両国をいっぱ一からげにした呼称を使い、
「一国」として扱います。

同じ「ラテン民族」、同じ「ローマン」を語源とする言語を話し、
過去に同じ君主を持っていた国(ポルトガルはスペインから独立した)。
ところが、ポルトガル人と話すたびに、両国の国民性はかなり違うということを感じます。
なぜ、かくも違うのか?

ポルトガル人に、スペインと比較した「お国自慢」を導くような質問をしてみると、
あきらかにスペインに対する「敵対心」が見え隠れしてます。

以下は、そんな話から

・コロンブスはポルトガル人説
現在ではスペイン歴史上の偉人の一人、コロンブスは、
スペイン人でないながらも、アメリカ大陸を発見し、スペインを拠点に数々の航海に出かけ、
スペインに莫大な富を持たらせました。
そんな彼も、晩年はスペイン王室から非常に冷遇されていました。
栄誉を取り戻したのは、死後何百年も経ってからとのこと。

そんな彼の出生地については、一応、定説ではイタリアは「ジェノバ出身」ってことです。
でも、ポルトガル人に言わせると、実は「ポルトガル人」だったらしい。

「コロンブスはほんとはポルトガル人だったってことは、スペイン人すら認めている。
スペインにあんな功績のあった人物を冷遇してきたのに、いまさらその功績を称え、
スペインの偉人にしようとは、虫のいい話だ」とのこと。

・トルデリシャス条約における駆け引き
この「トルデリシャス条約」、1494年6月7日にスペインとポルトガルの間で結ばれた条約で、
当時両国が盛んに船団を送り込んでいた「新世界」における紛争を解決するため、
当時の教皇がヨーロッパ以外の新領土の分割方式を取り決めたもの。
つまり、当時もっとも盛んに植民地活動を行っていた両国が、教皇を巻き込んで、
世界を2分して、勝手に自分達の領土としてしまった、という条約。

この条約により、アメリカ大陸でブラジルだけがポルトガル領土、それ以外はスペイン領土。
一見スペインに有利な条約に思えますが、実のところは、太平洋の西側、アジア以西は全て
ポルトガル領土になる、というポルトガル有利な条約。

なぜスペイン人はこれで納得したのか?
その答えは、ポルトガル人は、このときに、当時スペインからほとんど支援を得られなかった
コロンブスに偽の情報を与え、偽の地図を渡し、当時アメリカ大陸より西側に世界があることを
伝えなかった、といいます。

・ポルトガル人は人道的説
両国が外洋に出て、探検し、次々と発見した土地を植民地化していた頃。
スペイン人はその土地の文化や現地人を壊滅し、
一方で、ポルトガル人は現地人と仲良く融合していったとのこと。

根拠として挙げられるのは、スペインがインカ帝国やアステカ王国を武力で滅亡させたこと、
また現地人といさかいがたえなかったために植民地を小さく分割せねばならなかったこと。
だから、旧スペイン植民地だったラテンアメリカ諸国は概して国土が小さい。

一方、ポルトガルは現地人と溶け込んでいたので、殖民地勢力を分割する必要がなく、
結果的にブラジルが広大な国土を持つ国になった。

ま、そんな感じです。

実際、現状は、
ポルトガル人は、スペイン人と話すときはスペイン語を使います。
スペイン人はポルトガル語をしゃべれません。

ポルトガル人は、英語が堪能です。スペイン人はまず英語がしゃべれません。

ポルトガル人は、文化的にも、アングロサクソンやゲルマンの影響を多く受けています。
スペイン人は典型的ラテン人です。

ということで、ポルトガル、小国が故の「世渡り上手」な国になったわけですね。
[PR]

by bonito_seco | 2009-09-06 06:48 | ヨーロッパ旅行記

気付いたら、なんともう9月になりましたね。
9月といえば、僕が滞在許可証を入手したのが9月7日。
滞在VISAの一回目は1年で切れるので、現在滞在延長申請中です。
依頼先の代行業者からの音沙汰が1ヶ月くらいありません。
たぶん夏休み中なのでしょう。。。
果たして、無事、滞在許可は更新できるのか??

そんなわけで、観光VISAでの滞在時期を含めて、スペインに来て1年と4ヶ月経ちましたが、
これまで3回ロスト・バッケージを経験しました。全て、バルセロナ空港の帰着便で。

これまで日本でもアメリカでも何度も国内、海外出張を行ってきたのですが、
ロスバケ経験は一度もありませんでした。

しかし、なぜだかヨーロッパでは頻繁に起こる。
というわけで、ロスバケのベテラン(私)による、これは教訓話です。


1回目、初体験は、赴任早々の2008年6月の話。
フランクフルトからの帰国便。イベリア航空。
届かなかったのはこのかばん。
e0155786_5485160.jpg

当時働いていたアメリカの会社の皆さんから餞別にもらった、大事なスーツケース。

このときは、自分の預け荷物がなくなるとは夢にも思わず、
そして、仮になくなったとしても、航空会社が全面的に責任を負ってくれると、
心の中で思っていた頃。

空港内の荷物受取場にある、ロスバケのカウンターで手続きを済ませた後、
2日後に宅急便で届きました。
中に入れていた貴重品
・キヤノンのモバイルプリンター(時価3万円なり)
・ロジテックのプレゼンテーション・ポインター(時価1万円なり)
だけが、見事に盗まれた状態で。
このときは、アメリカから赴任した早々だったので、「荷物に鍵をかけてはいけない」、
というアメリカでのルールを世界共通のものだと思い込んで、スーツケースに鍵をかけずに
預けたのでした。

2回目は、詳しくは覚えていないのですが、時期は1回目のすぐ後。
1回目と同じように手続きを済ませ、スペインに対して行き場のない怒りを抱えて、
ゲートを出る前に空港内を最後にくまなくチェックしたら、
隅のほうに放置されている僕のスーツケースを見つけました。
どうやら、1便前の飛行機に積まれていたようです。

3回目は、つい最近。
今回はくやしいことに、スイスで買ったばかり、
はじめて旅に連れていったお気に入りのmont・bellのかばん。
e0155786_550113.jpg


待つこと2日間、これも無事届きました。


ということで、教訓です。

<ロスト・バッケージの原因>
・チェックイン担当者、航空会社、もしくは空港係員のミス
・盗難目的

<ロスト・バッケージ対策>
・なるべく預けない:(当たり前?)
・鍵をかける:盗難目的によるロスト・バッケージの防止措置
・預ける際は、航空会社のカウンターの係員が、しかるべきタグを付け忘れていないか確認する。

<ロスト・バッケージにあったら>
・空港内をくまなく調べてみる:1本早い便で荷物だけ届いているかも
・あわてない:頻繁に起こっているようです。飛行機会社側も悪いとは思っていない態度
・専用カウンターで受付をする:かばんの色とか、タイプとか、ブランドとか聞かれます
・待つ:TELでもネットでも、状況は逐一確認できます
・きっと届きます:世界中に捜索網が一応はりめぐらされています

これで、「盗難目的」以外は、いずれ、きっと届きます。
問題は、この「盗難目的」。空港職員にマフィアもからんで、それはやりたい放題らしいです。
窃盗集団にとって、こんなにおいしい状況がないのも事実。
悪名高いのはロンドンのヒースロー。数年前に50人規模の空港職員が摘発されました。
他にもローマのフィミチノ、ドイツのフランクフルトも有名です。

<届いたら>
・中身を確認する。盗難目的ではない場合、中身は無事です(当たり前?)。

<盗難物があったら>
・関係書類は全て取っておく:航空会社は責任を負わないにもかかわらず、、
・航空会社に一応連絡を取る:TEL受付担当者は、クレームレターを送れ、
 というので、とりあえず被害明細や金額を明記して送ります。
 しかし、盗難の場合は航空会社は責任を取りませんが、後々、盗難の「証拠」のひとつになります。

<海外旅行保険>
・保険会社に損害補償確認:このときに種々の書類、また盗難物の購入レシートがあればなお良い。

これは、れっきとした犯罪です。そのためには、立証せねばなりません。
で、立証は不可能なので、どこまで状況証拠で保険がカバーしてくれるか、ということです。
僕の場合は、手続きがなんとなくめんどくさくて、泣き寝入りして、
とっとと新しいのを買いましたが。。。

というわけで、「ロスバケ」は起こりうるもの、と考えて、「なくなったら本当に困るものは預けない」
ってのが基本ですよね?
[PR]

by bonito_seco | 2009-09-02 05:52 | スペイン生活