けっこうどうでもいいのですが、オバマさんが熱いうちに、

「アメリカ=偉大」ネタです。

前回書きましたが、スペインでカードで買い物するときは、レジにてIDを提示します。
スペイン人は「IDカード」というものをみな携帯していて、文字通り「身分証明書」の役割を果たしています。
一方、日本やアメリカの場合、これと同じ機能をしたものがないので、みな「運転免許証」を身分証明書として使いますね。

さて、レジでは、クレジットカード使用時にこの「IDカード」の提示が求められます。レジには「外国人はパスポート提示のこと」と書いています。
ところが試しに、カリフォルニアの免許証と日本の免許証で挑戦してみると、カリフォルニアの免許証ではほぼ全ての場所でOKです。
日本の免許証ではまずNGです。

本当はスペイン人にとってはどちらも見慣れないIDなので、原則両方駄目なんでしょうが、
アメリカの免許証の場合、「California」、「Drivers Licence」と聞いたことがある言葉が並んでいるので、スーパーのレジのおばちゃんも、おねんちゃんもたじろいでしまい、まずOKになことが多いです。
しかし、これが日本の免許証だとまずだめ。

当然と言えば当然。日本でスペインのIDカード出されて「身分証明書です」と言っても
レンタルビデオ屋さんでは通用しないでしょうしね。

で、ということは、「アメリカの運転免許証」が、「ID」として、スペインで通用してしまうのはやっぱりすごい。

日本の免許証、スペイン人が読めないのはしょうがないけど、身分証明書としての格は同じだし、ちょっと不公平感がありますね。

「いや、むしろ日本の運転免許証持ってるほうが100倍その人のこと信用できるだべさ」とスペインのレジのおばさんに言ってあげたい。スペイン語しゃべれないから無理だけど。
[PR]

# by bonito_seco | 2008-11-09 21:20 | アメリカ

スペインに住み始めて7ヶ月。ついに入手しました。

居住許可証。
e0155786_2153669.jpg


これは「合法的にスペインに一時的に住んでいる外国人」であることを証明するIDカードなので、
これで晴れてスペインの町を大手を振って歩けます。
これがなかなか嬉しい。日本で、初めて運転免許証を手にした時のような、何ともいえない喜び。

これまでIDカードがなく不便していたことといえば、パスポートを常に携帯していなければならなかったこと。
スペインではクレジットカードで買い物するときに、必ずIDの提示を求められているのですが、
外国人の場合は、パスポート提示が求められます。

「パスポートを普段持ち歩いている」のと、「現地発行のID」を持っているのとでは、
ひいては、自分自身のその国への「溶け込もうとする意識度」までもが違ってくると思うのです。

駐在員にとって、あるいは、留学生でも外国の移民者でも、「ビザ」は大切な、心の支えなのです。
[PR]

# by bonito_seco | 2008-11-07 20:57 | スペイン生活

昨日と今日でアイントホーヘンという人口20万人ほどのオランダの都市に出張してきました。

注) アイントホーヘン: 総合家電メーカーのPhilips、オランダのサッカーチーム「PSV」の本拠地として有名(知ってる人だけ知っている)。

朝6時20分発でライアンエアーがジローナ空港から直行便を飛ばしているので、
朝3時におきて空港に向かいましたよ。

そしたらね、機長 「現在アイントホーヘン、霧で何にも見えないから着陸できません。霧が晴れるまで周辺上空を旋回します」っていうのね。

朝の8時半。しばらく上空をぐるぐる旋回した後、機長がアナウンス。「われわれは決心しました。アイントホーヘンの100km離れたマーストリヒト空港に着陸します。マーストリヒトはアイントホーヘンよりまだましです。そういうことですので。天候のせいでご迷惑おかけしますね。」

それで乗客は無事小さなマーストリヒト空港に到着。

「これからどうするんだ、俺たち?」というみなの不安をかきけすように、全館放送で、「みなさん、空港のセンターゲートにいてくださいね。アイントホーヘン行きのバスを出しますのでね。そこでまってて下さいね。」

外に出てぼんやりバスを待つ人だけで空港の建物よりも長い列ができていました。↓

e0155786_4105579.jpg


乗客は全員航空会社が用意したバスでマーストリヒト空港から100分ほどで無事アイントホーヘンに移動したのでした。

アイントホーヘンに近づいてみると、確かにひどい霧で、何も見えません。

4年前、同じオランダのロッテルダムに住んでいたときのことを思い出しました。
そうそう、この時期はいつも霧が発生するのですな。オランダは。
関係ないけど、わかりやすいので、アムステルダムの地図です。↓

e0155786_4101923.jpg


そりゃこの時期、こんなに朝晩と日中の気温差が激しいと、こんな運河ばっかだと霧も発生するはな、となんか納得。山本勘助の啄木鳥戦法も成功していたに違いないほどの濃い霧です。
こんな状態でカメラ出したら、大変なことになるので、残念ながら霧中写真がありません。

ごめんなさい。
[PR]

# by bonito_seco | 2008-11-06 04:11 | ヨーロッパ旅行記

昨日、焼きそば作ったんです。

それがどうした?って思うでしょ?
でもね、そんなこと言ったって、スペインでは焼きそば用の麺はまず手に入らないんです。

それにね、スペイン人の間で焼きそばは大人気なんです。
勤務先のスペイン人の社長さんから、普通の従業員の人まで、
日本食レストランに行って焼きそば頼んであげると大喜びです。
もう一皿頼んじゃうくらいなんです。

だからというか、昨日いきなり「焼きそば食べたい」と思ったんです。
「麺」が手に入らないんだったらどうするか、

方法は2つ

1.スパゲティの麺をいためる
2.インスタントラーメンをゆがいてもどす

どちらもね、なんだか寂しいでしょ。

だからね、日本のものも豊富に取り揃えている中国系食材屋さんに行ってみたんです。
そしたらね、

ありましたよ

「日清焼そば」

e0155786_21485994.jpg












さすが日本を代表する食文化、「カップヌードル」を世界中で売りまくっている日清さん。
ドイツに拠点を置いてEU内で、EU向けに「日清焼そば」を製造販売しているのです。


早速アパートに帰って冷蔵庫にあった野菜をいためて作りました。


こんな感じ。


e0155786_21492315.jpg












野菜はね、冷蔵庫の中のありものを使ったので、
たまねぎ、にんにく、アスパラガス、マッシュルーム、ピーマン、赤ピーマン、
そして同じ食材屋で買ったねぎ、もやし、かつおぶし。

おいしそうでしょ。


何、焼きそばに見えない?

大丈夫。「日清焼そば」に付属している粉末ソースを使えば、

ちゃんと焼きそばの味になるのです。
[PR]

# by bonito_seco | 2008-11-02 22:04 | 食べもの

月が替わりました。11月1日です。
3カ国目(オランダ→ロサンゼルス→)の赴任地として4月からバルセロナに住んでます。
ちょうど7ヶ月です。いい機会(?)です。

だからブログをはじめます。
でも、「これ」と言った目的はないです。
はやってるし、ブログ。
いまさら感も否めないが、、、。

だからきっと、ほとんど更新されない単なる日記になりそうな予感です。

家にインターネットまだ引いてないし。
[PR]

# by bonito_seco | 2008-11-01 21:13