とーぶんの間、スイスの話が続きそうですが、、、
なんせ2000枚の写真があるので、スイス、なかなか整理できません。
やっとこの山だけ整理できました。

ということでとりあえず第一話。

今回スイスに行った最大の目的は、この山を見ることでした。


e0155786_63425.jpg

きっと世界で一番「かっこいい」山、「マッターホルン」。標高4,478m。

10年位前、北海道で住んでいた頃に初めて登った樽前山。
それからすっかり登山の魅力に取り付かれ、以降、ずっと夢見てきた山。

歴史上初めて山頂が制覇されたのは1865年。
アルプスの名だたる名峰の中で最後の方まで山頂を制覇されなかった山。
技術的な難易度はさることながら、霊峰であることを初期の登山家達が恐れたため、
ともいわれています。

ちなみに僕のような一般登山愛好家が登るのは無理です。
毎年結構な人が滑落や遭難してます。

8月中旬の盛夏の時期とはいえ、天候が崩れやすい山の気候。
念には念を入れて、今回は計7泊のうち、4泊分をマッターホルンのある
「ヴァリス・アルプス」地方に泊まり、「マッターホルン」見物に臨みました。

標高3,100mのゴルナーグラート展望台にある山岳ホテルに2泊。
その後、スイス側のお膝元「ツエルマット」の町に2泊。

結果的にほぼすべての日が快晴で、非常に満足の行くスイス旅行でしたが、
いやはや「マッターホルン」、どの角度から見ても、どの高さから見ても、非常に美しい。


ということで、いろんなマッターホルン・スペシャル~。


ゴルナーグラートの山岳ホテルの部屋の窓から見えるマッターホルンの朝焼け
e0155786_651454.jpg


ゴルナーグラートからツエルマットに降りるハイキングルートから見るマッターホルン
e0155786_661175.jpg


リッフェルゼーに映る「逆さマッターホルン」
e0155786_663375.jpg


ツエルマットの町より臨む
e0155786_665886.jpg


マッターホルンの登山基地となっているヘルンリ・ヒュッテに向かう登山道。
下を振り返ってはいけません。
e0155786_6135557.jpg


山頂のドアップ
e0155786_6121128.jpg




最後は、、、


ヘルンリ・ヒュッテの「マッターホルン・スパゲティ」
e0155786_6144592.jpg



このブログ、バルセロナ・ライフがメインテーマになるはずなのですが、
どうもバルセロナネタが少ないことを我ながら懸念しております。

ま、インターナシオナルってことで。
[PR]

by bonito_seco | 2009-08-21 06:16 | ヨーロッパ旅行記

<< 「アイガー北壁」って知ってる?    ご無沙汰してました >>